FC2ブログ

Entries

雨が多い

「雪かも?」
今朝もかなり冷えた。
4週間に一度のかかりつけ医の点検日。
何をしても身体が重い。
「お前は愚痴が多い」
そう、愚痴が多い。口を噤んだ。
黙っていれば、愚痴にならない。
みんなどういう方法で、ストレスを解消しているのだろう。
黙って、動く。鼻歌を歌いながら・・物事をしていく。
毎日朝から寝るまで「コロナ」が耳に入る。
言っても、どうしようもない事には、対抗しない。

出掛けに小雨が降り始めた。
雨の中を歩くか?自転車で走るか?
かかりつけ医は割と近いので、自転車で走った。
コートは濡れたが、それでもいい。
連休のあとの医院はいつもより混んでいた。
若い男性が咳をしている。
女性が喉の痛みを訴えている。
そんな患者の中で、雨の中を自転車で突っ走った婆さんは元気だ。
詠子先生の診察を受けた。
「大丈夫ですよ、しっかり心臓は動いています」そして感染症には
しっかり身を守りましょうと言った。

診察が終わって、会計をすませて・・外はずっと雨だった。
近くのスーパーで買い物をして帰ったら、正午過ぎていた。
底冷えのする一日だった。
「風のないのが 救い ありがとう」  ゴムの木gomnoki10.jpg




こほる

seijin11.jpg
seijin11.jpg
相変わらず、寒さは緩まない。
毎朝、カイロを肌身に着ける。

今日は寒気の中、自転車で買い物に走った。
ちょっと重い荷物があった。
ラッキーのドッグフードと、今日の食事。
広い店内には、客は数えるほどだ。
欲しいものは沢山あるが「贅沢は敵だ」の教えが染み込んでいる。
ドッグフードだって、おいしくて安いものを探す。
人間のフードは「みそ煮込み」
ラッキーとの散歩もそこそこに、夕食の支度をする。
寒さと忙しさに追い立てられるように、台所に立つ。
足元から冷え込んでくる。

今日は成人の日。
朝、一番に日章旗を揚げる。
みっちゃんも「成人」になった。
どこでどういう形で「成人式」を挙げるのか、その後の成り行きは知らない。
振袖姿を見せに来たが・・。
今日はどうなったのだろう?
一生に一度の「成人の日」をどう祝ったのだろう?

そして今日は鏡開きの日。
お供えしてあった餅を下して、今夜鏡を開く。

どんな顔に映るだろう?
最近はイライラし通しなので、鬼の顔が写るかも?
お店では、もう節分の豆を売っている。
「今日の 寒さも 格別だ ありがとう」

追記を表示

♪ 雪がふる
 あなたは来ない

今、あちこちで大雪だ。
ほどほどはないらしい。
心震える。
身も震える。
暑い夏が過去になって、今は真冬。
事実をちゃんと受け止めよう!
それにしても、逃げ出したい事実が、続く。
雪害で、大渋滞や亡くなる人も居る。
そうそう「立ち往生」福井・新潟・富山・・
これも自然のなせるわざで、しょうがない。のか!
小学校のプールが、全面凍結。
小鳥が氷の上を歩いている。
プールに石を投げている子が居た。
石がプールに届いても、氷の上で転がっている。
かなり分厚い氷なのだろう。
この寒さはまだ続きそうだ。
日曜日の今日も難なく過ぎた。
「ブログが 揚らない 困った ありがとう」kooru10.jpg



3学期

コロナの混乱した中で、2学期が終わり冬休みが終わり、昨日から3学期に入った。
先生の駐車場には車がいっぱい並んだ。
昨日、私は下校している低学年に聞いた。
「3学期が始まったの?」
その低学年らしき女の子は、はっきり返事しなかった。
婆ちゃんに声をかけられて、恥ずかしかったのか?
「知らない人に声を掛けられても、ついていかない」
小学校の入り口に書いてある。
そのあとから、かたまりが帰って来た。
もう、誰にも聞かなかった。
その様子でわかった。
今日、買い物に出たら、小学校の音がする。
(え~っ、そうだ。昨日から授業が始まったんだ。
あの音は、4時間目の授業を知らせるチャイムだ。
ぼ~っと生きていたら、回りの変化に気づきにくい。

それにしても今朝は冷え込んだ。
身体が凍ってしまいそうだった。
外にあるバケツを触ったら、厚い氷が張っていて、ビクともしない。
みつ池に氷は張っていなかった。
ただ、いつも水際の木陰に集団でいる鴨は、水から上がっていた。
氷は張っていないが、水がかなり冷たかったのだろう?  寒あやめkana7.jpg

公園には子供が居ない。
そりゃあそうだ、3学期が始まっている。
午後はテレビ漬け。
そんな時に同級生から電話があった。
お互いに「元気?}「よかったあ!」
「今朝は寒いよ、雪が降っている」
中央市は雪の中か?
しばらく会話は続いたが、テレビは点けっぱなし。
コロナの番組をずっとしている。
「とにかく元気で居ましょうね」
彼女の家では、ふたりともマスクをしての生活らしい。
「コロナも 雪も 要らないよ ありがとう」

七日正月

1月7日。
寒い。
「大根葉だけでいいね!」
七草かゆの日だ。
大根の種をプランターに撒いたら。なんとか芽が出た。
その大根葉を活用して、七草かゆに入れた。大根葉だけ。
これで「七草かゆ」の行事はおしまい。
スーパーには「七草セット」を売っていた。
それと「ドライ七草」まで並んでいた。
「おかゆと混ぜるだけ」最近は便利になっている。
白いおかゆに緑を入れるだけで、おいしそうに見える。
塩と梅干を入れて、ばっちり。
今日は朝から寒かった。
予報通りの寒さに震えあがった。
買い物に歩いた。
後ろから追っかけて来たYAMADAさん自転車である。
「歩くのが、早いわねえ。早く歩く人は元気なんですって!」
彼女は少し遠くの薬局へ行っていたらしい。自転車の前後に荷物がいっぱい。
「水・豆乳・ヨーグルト」重い荷物が乗っていた。
「主人がね、ここのこれが好きなので・・」
これを飲んだり、食べたりすると元気が出るのかな? そんな野暮なことは聞かない。
それにしても私の足が速いのに、何度も感心していた。
「今日は寒いから、足を速めたのよ」
「あら、白いものが降っている」
私の眼には見えなかったが、彼女には見えたらしい。
帰宅して、外を見ていたら、チラチラと淡雪が降っていた。
寒いので、早めの「おかゆ」を食べておわり。
午後6時から、菅首相の「緊急非常事態宣言」をした。
一か月間の「不要・不急の外出自粛」
一か月後、収束するといいんだがなあ。

「なんだか 不気味 なんだか 寒い ありがとう」sakuraso7.jpg

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード