FC2ブログ

Entries

迷い

台風が来ているというのに名古屋へ行った。
多分、少人数の参加だろうと思っていたら・・その通りだった。
しかし会というものは「ひとり」では開催出来ない。

「先月も来たかったが、迷って迷って・・ボランティアを取った。
何事につけ物事をスパッと決められない自分が情けない。
迷った時、どちらかを選ぶ時、どうやって決めたらいいのでしょう」
「心の流れで選ぶのでしょうね!
きっと選んだ方に気持ちが行っていたのでしょう」
「人間には拮抗作用というものがあって、誰でも迷った末に決めることが多いと思います。
その拮抗作用によって、きっといい方向を選べるのでしょう」

広い集会室にたったの6人。
冷房がよく効きすぎて、寒かった。
雨で濡れたら拭こうとタオルを一本持って行った。
そのタオルを肩に掛けても寒かった。
冷房温度をあげたが、ヤセの私の身体は冷え切っていた。
トイレ通い。
集談会が終わって、談話場所で談話しながら熱いコーヒーを飲んだ。
「そろそろ帰りましょうか?」
「あら、もう四時ですね」
またトイレに行った私を外で待ってくれていた男性ふたり。
耳が遠いが・・何か言った。
はっきり聞こえなかったので、笑いで誤魔化そうとした。
数歩歩いて思い出した。
ふたりとも傘を持っている。
あの時「傘を忘れないように・・」と、言ってくれたのだ。
傘立てに傘を取りに戻った。
快晴になって傘を持った三人は地下鉄に乗った。
名古屋駅で「さよなら」した。

私が乗る電車が来たので乗車した。
一駅・二駅・・(降りようか?)
またトイレを催したのだ。
久しぶりに頻尿恐怖に見舞われた。
コーヒーを飲んだらトイレが近くなる・・・そんなある人の言葉が悪い暗示になっている。
あのとき飲んだ缶コーヒーが30分も経たないのに尿になったのだ。
カバンの中の物をごそごそしたり、座席を座りなおしたり・・いろんな「はからい」をした。
そして下車する駅まで我慢できた。
(自分を褒めてやろう!)
下車するなりトイレに飛び込んだ。
かなり溜まっていた。
すっとして改札を出て、自転車置き場へ行った。
すっきりしたので自転車を押して歩いた。
狭い道を車と人と行き交う。
私は何を見たのだろう?
突然、思い出した。
トイレに傘を忘れたことを。
今度は反対方向に向かって自転車を押して歩く。
「あのう、すみませんが、女子トイレに傘を忘れまして・・」駅員さんに言った。
優しそうな顔の駅員さんは「どうぞ」と改札の中へ入れてくれた。
手洗いに掛けた傘がそのままあった。
「ありがとうございます」
そう言って、改札を出た。
あ~あ、物忘れも思い出さなかったら・・そのままでもよかったのに。
でもまだ記憶装置が壊れていなくて良かったとほっとした。

今日は寒さと傘とトイレで緊張した。
それにしても公共の施設で寒い程の冷房は行き過ぎでは?
設定温度は28度だったかな?
それがもっと低かったように思う。

また明日からホントの夏がやって来るぞ!

「今日もいちにちありがとう」nade2.jpg


「大和撫子ジャパン」ならぬカワラナデシコ
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/918-cc5aa0c5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード