FC2ブログ

Entries

今日も・・

電動自転車で出かけた。
まるでカワセミのトリコだ。

家で昼寝をしている時よりも、時間がゆったりと流れる。
なんだか矛盾しているが、自然と対峙していると自分を忘れている。
「カワセミ」で頭がいっぱいなのだ。
この時期を逃したら、しばらく会えなくなる。
カワセミにもカワセミファンの仲間にも。
懲りもせずに毎日望遠カメラを据え付けて、ひがな一日そこに居られる輩達。
「弁当持参で、朝からここに居ます」という人も居た。
ご近所の人は昼食は自宅で食べるのだろう。
歩いて来られる範囲の人に言った。
「丁度、散歩がてらにいい距離ですねえ」
「いえいえ、それが駄目なんです。酸素吸入をしていますから・・」
そういえば、彼はときどき鼻にチューブを差し込んでいる。
「そうだったんですか?」
その人は格好いい高価なレンズを付けている。
「シャッタースピードが速くていいでしょう?」誰かが彼に聞いていた。
私のカメラは獲物を狙って、シャッターを切るのだが、少しだけ時間が遅れる。
チャンスが逃げる。
鳥博士は鳥のことは何でも知っている。
鳥の鳴き声で、0330kawasemi03.jpg
何鳥がそこに居ます・・と、教えてくれるが眼が追いつかない。
自慢のカワセミの写真とコゲラが木の中の虫をつつき出して・・今食べんとしているのを見せてくれた。
彼の自慢のカワセミは「ユー チューブ」で見られるという。
帰宅して検索してみたが、行き着けなかった。
「惜しいことをしましたねえ、もう少し早く来れば4羽も居たのですよ」
「今日も自転車で来たのですか?」
男性陣に混ざって、紅一点の私。
健森から3軒目に住んでいるという彼は、今日は雉を撮っていた。
雉の背中のいいアングルを撮っていたのに「雉をもう一度・・」と、鳴き声に誘われて行った。
私が行ったのは午後2時過ぎで、カワセミは一羽居た。
それを狙って撮ったが、じっとしているのは面白くない。
かと言って、池に飛び込んで魚を咥えて出てきて、枝に止って「ごくり」と飲み込む所まで
見ておきながら、カメラは捕らえていなかった。
一度「ピー」と飛び立つと1時間待たないと・・来ない。
その間、私は公園を一周した。
春休みとて家族連れで賑わっていた。
丁度一時間後に元の場所に戻ったら、居た!

そりゃあ、いちにちここにねじ座っていたら・・カワセミに何度も遭遇できるだろう。

「カワセミさん、今日も楽しませてくれてありがとう」

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/804-bd2e2d43
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード