FC2ブログ

Entries

キャンセル

今朝もかなり寒かった。
野菜を収穫する指がかじかんだと友と言っていた。
その新鮮野菜を十数人分、小分けにして持って来てくれた。
新鮮なものはおいしい。

今日はバドミントンの日で出かけた。かなりの重装備だ。
何と言っても寒さに弱い私は、カイロに助けられている。
せっちゃんが下痢気味だとかで、顔色が冴えない。
「寒い~、誰か温めて・・」
私が抱擁してあげた。「あったかい!」
大さんが孫連れで、バドミントンに来た。
孫さんは中学校を卒業して、4月から高校生だ。
中学ではバドミントン部に属していたという。
「ねえ、このおばさんを覚えている?」
孫ちゃんに言ったら笑って「覚えています」と言った。
小学生バドミントン教室が市民館であった時に、彼女は小学1年生で参加した。
「早いわねえ、あれから9年にもなるのねえ」
婆ちゃんをとっくに追い越して、見下げるほどに(身長)伸びている。
「いいわねえ、孫さんと一緒にゲームが出来るなんて・・」私は羨ましくて、何度も言った。
「よっこさんだって、すぐだよ。孫さんとやっているんでしょ?」
そのうちに孫とゲームがやれるようになるだろうか?
私は老いる、孫は成長する。嬉しい事だ!

本日は3コート張って、14人で賑やかにやった。
一度だけ今度高校生になる彼女と対戦した。
親子ではなく、孫との年齢差。
彼女は婆ちゃんとペアを組んで、一度だけゲームをやっていた。
隣のコートで私も頑張っていたので、見るゆとりは無かった。

練習を始める前に、早く来た人から提案があった。
「この地震・津波災害に会から義援金を出そうか?」
「賛成!会費にゆとりがあるなら、そこから出そうか?」
まだ全員が揃わないうちに、即決した。
そして義援金を持って数人で市民館の事務所をノックした。
受付には社会福祉協議会から来た、義援金入れが置いてあった。
事務所の人は大金に驚いて「ありがとうございます」だった。
岩手県に親類縁者の居る人もいて「まだ消息が摑めない」と、暗い表情の人も居た。
「心労でふらついて、頭痛がする」と言う人も居た。その人は用件をすませてすぐに帰った。
その人は今回の旅行責任者で「旅行の日程も決まっているけど、どうする?」とみんなの意見を聞きに
来たのだ。
旅行先の宿泊所も避難民を受け入れているようで・・と、言う。
「とても浮かれ気分にはなれないわ!今回の旅行は少し先に延ばしましょうよ」
「賛成」
全員一致で、来月の17日出発の旅行は消えた。

小学校は明日、卒業式。
買い物に早目に出かけたが、今日の下校時間は早くて、保育園の前でみどりの叔母さんと一緒に
スクールガードをした。

スーパーではみんなが言っていた通り、米と乾電池が残り少なくなっていた。
「買いだめをしないように」と報道されていたが。

「今日も元気で味噌カツ丼、ありがとう」b45.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/791-bf5176ea
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード