FC2ブログ

Entries

不思議

ひなまつり。
今日は午前中はバドミントンをして、夕食にはちらし寿司を作る予定だった。
今朝は冷え込んだ。
寒い寒いと感じつつ、洗濯物を干した。
洗濯機の調子が悪いので、2度洗いになってしまう。
たまーに、すーっと一度で出来上がる事もあるが、現代は便利なようで不便だ。
コンピューターが組み込まれた機械物は、修繕するより買い替えた方がいいようだ。
1時間半かかって、やっと数枚の洗い物が出来ました・・と、6回電子音が知らせる。

さて、バドミントンに出かけようか。
準備万端、お茶もペットボトルに入れた。
そして口紅くらいつけて行こうと、洗面所で口紅をつける。
正面から自分と向かい合う。
(あら、変だ。目が赤い。うさぎの目だ)
去年と同じ状態だ。
しばし迷って、情けなくて・落ち込みそうになった。
自分の人生、前進あるのみ!
思い直して、とにかく眼科へ行くことにした。
オットットに運ばれて、かかりつけの眼科へ行く。
かなりの人が待合室に居る。診察室にも居る。
「これだけの人が居たら、待ち時間は?」「そうですね、1時間くらいでしょう」

眼科へ行くといつも一番初めから始まる。
遠近焦点・眼圧・視力検査の次ぎに今使用中のメガネの検査。
そして最後の検査は血圧。
「はい、深呼吸をして下さい」
また血圧が原因の赤目だった。

医師は「血圧が高めですね、去年と同じ血圧が原因の・・」
「こんな状態の時は寝ていればいいのですか?」
「いいえ、これくらいならバドミントンに行ってもいいですよ」
時計を見たら、10時過ぎていた。
「目が赤くなってすぐなら冷やすといいですが、時間が経っていたら温めると早く治ります」
赤目はいやなものだ。
意気揚々としていたのが突然の青菜に塩で、もうバドミントンに行くのは諦めた。
「内科のかかりつけ医に今回の事を話して下さい。
あまり血圧が高すぎると、血管が破れることがありますから・・」
もう遺伝なんてタカをくくっていられなくなった。
午後は横になって休んだら、目の充血は少し引いた。
こんな時はなるたけ目を使わない方がいいかも? と思いつつ使った。
バドミントンに行った近くの人が、ブロッコリー・みかん・菜花を持って来た。
仲間のふたりが沢山持って来てくれたので、今日の参加者で分けたのよ・・とのこと。
休んだ私の分まで貰ってきてくれて、その心遣いがうれしい。
そしていつも野菜等を持って来てくれる人「ふたり」に現物を描いて、出した。
絵手紙は大きく描けば、さっさっと時間がかからない。
投函は最終の集配時間に間に合わせた。

今夜はちらし寿司を作った。おいしかった。

そして去年の記録を省みていたら、なんと去年も3月3日に目が赤くなっていた。
「こういう時期にb8.jpg
、なりやすいのでしょうね。季節の変わり目に・・」医師は言っていた。
それにしても不思議なめぐり合わせだ。

赤くても目は見えます・・・軽症でありがとうございました。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/776-60324018
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード