FC2ブログ

Entries

葬式看板

買い物帰り、向こうからヘルメットを被ってバイクに乗った人が来る。
ちょっと狭い道なので、気を付けて歩く。
すれ違い様に「おーさん!」と呼ばれた。
ヘルメットを被っていると誰だか分かりにくい。
彼女はヘルメットを外しながら・・話始めた。
暖かくなった昼間なのに、超特急で話す。
話によれば一昨日、葬式看板が立った。
この住宅地には約250世帯が住んでいる。
うちの姓と同じ姓の人がもう一軒あることを知らなかったらしい。
葬式看板には「おー・・・・」お通夜と告別式の時刻が記してある。
驚いた彼女のご主人は戸籍課に電話したらしい。
彼女のご主人とは毎週土曜日に会っている。
レモン園芸クラブで、もう4年になる。
「今日、葬式があるおーさんは亡くなったのですか?」
きっと大慌てしたのだろう。
「さあ、分かりません」の返答だったらしいが・・。
「去年は私の実名が看板に出て、大騒ぎだったらしいわ。
私はもう一度、葬式をしてもらった身だから、長生きするわよ!」
「あなたが居なくなったら、世の中暗くなってしまうわ。
元気で長生きしてよね!」
彼女は涙を流さんばかりに喜んでくれた。
「ありがとう。ご心配おかけしました」
そうお礼を言いながらも、ありがたい事だと思った。
私の事を案じてくれる人が居る。

昨夜のこと。
「夜分遅くに申し訳ありません。
ご主人さん、いらっしゃいますか?」
相手はちょっと考えて「あのう、主人は今居ません!」
「ハーモニカでお世話になった者ですが・・やっぱり・・」
「3日に退院します」
「良かったですねえ、私は病気だ入院だと言われたら、腰を抜かしますわ」
「私もそうでした。親戚の人も家族もみんな元気で、病気とは縁のない生活でしたから・・」
ああよかった、ああよかった。
暖かくなったら見舞いに行こうと思っていたが、術後2週間で退院とは?
彼は胃がんで胃の全摘したらしい(知人の話によると)
「よかったですね」を何度も連発した。

今日も元気でお疲れ様。

すり寄って来たのらちゃん。a19.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/745-3f54cb6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード