FC2ブログ

Entries

北風ピープー

気温が低いのに、風が吹く。
体感温度はもっと下がる。
おーさむこさむ。

買い物に出たついでに、音信不通の友のお宅を訪問する。
彼女らしい庭はまるで童話に出てくる子供の世界。
チャイムを押すとご主人が出て来た。
「救急車でどこかの病院へ運ばれた」
「行方不明で、お見舞いにも行けない」
そんな囁きを何度か聞いた。
それで私はどんな様子なのか聞きに行った。
噂より聞くのが早いと。
本人は不在でも、ご主人は在宅だろう。
この寒さの中、どこかへ出かけることもなかろうと思って・・。
「あのう、奥さんは?どうされましたか?
誰も何も知らないと言うし、去年から姿も見ないし・・」
「はあ、あいつが何も言うなと言うので。
もうすぐ退院しますから、帰って来たらお喋りに来て下さい。
あいつはみんなに迷惑を掛けたくないと頑として言います。
みんなに来てもらって、話をするだけでも元気になると思うのですが、困ったものです。
でも2月の中旬には帰って来ますから・・」
「そうですか?それではよろしくお伝え下さい」
そう言って、帰路に付いた。
今日はやけに風が冷たい。
道中、誰にも会わなかった。
人はお互いに迷惑をかけたり掛けられたりしながら生きていくもの。
お喋りも元気の素だ。
落ち込んだ時、それは必要だ。
もっとも喋りたくない時もあるが、声を出すことによって元気の気を吸い込める。
そばに居るだけで安らげる人も居る。
彼女は猫が大好きで飼っている。
そのミーちゃんが、陽だまりに居たが、寂しそうだった。

午後からしっかり腰を下ろして原稿書きをする。
尻が痛くなるほど座った。
しかし思ったように進まない。
もっと長文になるはずだったのが、まだ足りない。
「絵手紙」の歴史は長いだけに、イッキに書き上げたがあとが悪い。
原稿用紙が4枚も余った。
何とかなるだろう?

今夜はz91.jpg
寒いので「おでん」にした。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/740-59b8c804
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード