FC2ブログ

Entries

恩師

朝刊に、わが師が大きく出ていた。
ハーモニカの一から教えてもらった人である。
何年も丁寧に教えてもらった。
上達しなかったのは、自分が練習に励まなかったからである。
しかし人間的にこの先生は大きいと感じていた。
脳梗塞で倒れて・・ハーモニカのリハビリで再起出来た。
いい人、いい生き方をしている人を見習って・・いこう。

午前中は医院のはしごの予定だった。
しかし以前にはしごをして疲れた。
それで虫歯の治療の医院をキャンセルした。
今は痛くないのでのんびりしていていい。
4週間に一度の内科へ行った。
風邪引きさんが多い。子供も多くマスクをしてコンコンしている。
(うつったら困るなあ、でも私は風邪には強い!)
その通りに風邪に対しては変な自信がある。
「おめでとうございます。今年もよろしく」
医院は卒業したいが、付き合いは一生続きそうだ。
「お正月はいかがでしたか?」
「はい、楽に過ごせました。大掃除も何もかも省きましたから・・」
「それはいい事です。無理をすると絶対にどこかにツケが出ますから・・」
医院で診察が終わって、薬を貰ってママチャリでスーパーへ走った。

午後は腹がふくれて、ちょっとうとうとした。
何もしない日は気分が冴えない。
起き上がって動く事にした。
目的を持って動く。
(そうだ、お稲荷さんへ初詣に行こう!)目的地は決まった。

畑中の道を歩いて、飛ぶ鳥を見上げながら、赤い鳥居のあるお稲荷さんに着く。
お稲荷さんには信者が大勢集まっていた。
(今日は何の日だろう?)
去年もこんな場面に出くわした。
あの日は交通安全祈願とか言っていたが、今日も多分それだったのだろう。
愛犬が健在の時は時々ここまで足を延ばしていた。
愛犬が居なくなって、ここまで歩かなくなった。
超久しぶりのお稲荷さんには高額のお賽銭を入れた。

小学校まで帰ったとき時計を見たら、1時間半歩いていた。

もう少しで我が家だという時、真っ白い頭のお婆さんに出会った。
このお婆さんは時々捜索願いが出されるほどの人である。
みんなで見守っていきましょうね、と近所の人と話合っている。
「カトさん、こんにちわ。散歩ですか?
もう夕方だから、学校まで行ったら帰るのですよ!」
「え~っ、朝だと思っていたわ。もう夕方なの?」
きっとついさっきまで昼寝をしていたのだろう。そんな顔をしていた。
しかしみんなで見守りましょうと言っていながら、散歩する人をz45.jpg
連れ戻すわけにもいかない。
追っかけて行って一緒に歩く元気もない。
それでそこに立ち尽くして、白い頭の後姿をじっと見ていた。
ところが彼女は学校の向こうへ行った。
家族に知らせようかとも思ったが、何とかなるだろうと思った。
靴に名前と電話番号が記入されていたから。
歳を取るという事は大変なことだ。
「老人笑うな、我が行く道じゃ」

お稲荷さんへの道に菜の花咲く。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/717-50ea8286
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード