FC2ブログ

Entries

もう、ふつか

2011年1月2日。
ゆっくり起床した。
お節料理があるので、味噌汁だけ作った。
次男夫婦が来ているので、のんびり気分。

今日から主婦の営業開始?
食事処「だんらん亭」の営業開始に乗っかって、昼食を食べに行った。
正月早々の営業だから、多分込み合っていて待ち時間があるだろうと覚悟して行った。
ところが唖然とした。
待ち時間どころか空席ばかり。
なんだか恥ずかしいような・・主婦。
そこでお勧めの味噌カツ定食を食べた。
知多豚は脂身が少なくて、おいしかった。

健康プラザで書初めと箏曲の奏でがあったので行った。
時間的にゆとりがあったので書き初めを最初にした。
練習用に新聞紙、本番用の用紙を貰った。
いざ、書こうとするといい言葉が考え付かない。
去年は「青春」だった。
壁に一年間貼って、眺めていた。
今年はすっと出て来ない。
考え考えて「少欲知足」となった。
そして用紙の端っこにうさぎの顔を描いた。
オット君は「自画像」を漫画に描いた。
見ていた子供達も大人も大層驚いたそうである。
「書初め」は、字だと思っているから・・。
絵を描くのも描き初めに間違いあるまい。

箏の演奏の前に講談をやっていたが、それも終わって少し準備の間があった。
着物姿の女性が7人と尺八の男性が3人のメンバーだった。
まず・・「春の海」宮城道夫が瀬戸内海の波の音を聞きながら作曲したらしい。
ゆったりとした波の音が聞こえて来そうな旋律だった。
箏と尺八の音を楽しんだ。
終わって体験コーナーがあった。
私は以前箏も尺八も体験したが、全然駄目経験をしたので・・諦めた。
カメラをぶら下げた男性が近づいて来た。
そして話かけた。
私の隣には中年の女性が座っていた。
それでその女性に話しているのかと思っていた。
ところが「いつもお会いしている鳥撮りの者です」
そう言われて、ああ私に語りかけているのだと鈍い私はやっとわかった。
そして彼は昨日撮った「カワセミ」の見事な写真を見せた。
かなり腕前をあげている。
「カワセミアルバムを作っています」「出来上がったら、見せて下さい」
そんな会話のあと彼はどこかへ去った。
鈍な私はいつもよりずっとおめかししている彼を見間違えたのだ。
彼が去ったあと、隣の女性が話しかけて来た。
「うちの娘が出ているもので見に来ました」と言う。
「私は毎年このお琴を聞きに来ています」そう言ったら大層喜んだ。
「黒地の着物を着ているのと、エンジ色の着物を着ているのと、ピンクの地の着物を着ているのが
娘です」
ほ~っ、3人娘にお琴を習わせて、凄いなあと感心した。
「カナダの学校へ行ってる娘がお琴を持って行ってあちらで弾いたら、みんな驚いていたそうです。
日本人でz21.jpg
もお琴を知らない人が居たそうです」
ピアノなんかと違って、持ち運びが出来るのがいいですと言っていた。
その中年の女性はしっかりした顔をしていた。
「お琴が空いていますよ、体験されたら?」
指の節が大き過ぎて、お琴の爪が入らないのです・・と私。

帰宅後、夕食の支度にとりかかる。
今夜は長男一家も来て、大騒ぎした。
それで今の時間は午前1時に近くなった。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/714-51a543dd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード