FC2ブログ

Entries

小さな秋

やっとあの猛暑から解放された。
早朝の空気がおいしい。  食欲の秋近し。
夜は窓を開けたら風が流れ込む。
「夕凪」という奴は食欲を衰えさせる。
酷暑で弱った身体に風が優しい。
これからが正念場だろう。
夏の疲れがどれほど貯まっているか?
利子のいい銀行に持ち金を預けて、その銀行が潰れてしまったら?

午後、ディサービスへ行った。
さすがに二日続きのボランティアは疲れる。
ぼ~っとした頭に自分で言い聞かせた。
「しっかりおたまじゃくしを見るんだよ!
練習ではなく、いつも本番だぞ!」
なんとか難なく30分をこなした。
1時間半の余興には8人のメンバーの参加だった。
「くやしい!あの時、間違えたわ!」
「踊りはひとりでなのだから、間違えたと言わなければわからないのに・・」
「間違えたことで、自分を許せないのよ」
あ~あ、この日本舞踊の人は完全主義のようだ。
「くやしい想いをして、もっと上手に踊れるようになるわ!」私が言った。

夕暮れが早くなったので、やれることが少なくなった。
一日の予定を変更しないと、時間内にやれなくなった。
その分、夜が長くなるので、夜になってやれることをしよう。

今日の買い物で郵便局に寄った。
外に出て自転車の鍵を開けていたら、自転車のカゴに蟷螂が居る。
「おいai23.jpg
お前、どこから来たんだ?」
買い物をして、帰宅するまで蟷螂は付き合ってくれた。
手の上を這ったり、肩に乗ったりしてまるで私は遊び相手だ。
蟷螂の鎌でいたづらをする事もなく、私の体温を確かめているようだった。
昆虫も人恋しいのだろうか?
帰宅したら帽子に乗っていた。
それをカメラに収めたくて、私の思うようなポーズを取らせていたら・・
思い切り鎌で抵抗してきた。
しかし加減をしていたようで、大きな蟷螂なのに手からは血が出なかった。
♪ぼくらはみんな 生きている 生きているから 楽しいんだ
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/604-bb336a57
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード