FC2ブログ

Entries

17回忌

義兄夫婦もよくやるものだと、つくづく思う。
亡き姑の月命日と法事をちゃんとやっている。
今日は姑の17回忌で兄の家へ出かけた。
総員21名のメンバーが出揃った。
住職が見えて、二間続きの部屋に座って・・読経が始まった。
いつもの事だが、ここは密度が高い。
法事でも葬儀場でやる人が多くなった昨今、自宅で大勢の参列でやる所は珍しいと思う。
それだけ兄夫婦は丁寧に生きていると思う。
面倒臭いと言う人にはやれない事だ。
想いの籠もった行事は、亡き人も喜ぶだろうし・・自分自身も充実感があるだろう。

長い休憩を挟んでのお経が終わった。
待ちかねていたように義弟が住職に質問した。
「もしもの時には仏壇やお墓はどうすればいいのでしょうか?」
弟も私だって、お墓の支店は仏壇だと思っていた。
ところが住職は言った。
「うちの宗派では、仏壇とお墓は別です。
仏壇は仏様を祀るところで、お骨は必要無いのです。
亡き人を土に還すというのは、ごく自然のことであって全ては循環しているのです。
子や孫に負担をかけるような墓なら必要ないです」
「でも、故人を忍びにお墓にお参りしたい時もあるわよね!」義妹が言った。
「え~っ」と驚くほどの住職の話に耳を傾けながら「ねばならぬ主義」が少しほぐれた。
ちなみに・・住職のお寺には、先祖の墓は無いという。
なるほどと納得したり、お墓に行って亡き人に会いたいという気持ちもわかるし・・。
約1時間半の法要は終わった。

昼食は近くの和食の店で、わいわいがやがやお喋りの花が咲いた。
昼食後、兄弟4人で墓参りに行った。
8月11日に高野山で買って帰った高野槇が青々としていた。
暑い時間帯のお墓はもっと暑かった。

今夜は満月で満ち足りた月が昇った。

綿の花
hima46.jpg


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/582-d238272c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード