FC2ブログ

Entries

厳しい残暑

ほっと一息ついたら、また明日から猛暑が戻って来るらしい。

なんとなく一日一日が過ぎていく。
しかしなんと・・hima51.jpg
この暑さの中で、動けている。
クーラーの中に浸かっていたら、身体が変になる。
私の身体はまだ正常のようだ。
暑さを感じなくなって、午後の畑に出かけた老婆。
友達の母親。
なんとか畑から帰ったものの、自宅の床で倒れていたそうだ。
老婆の子供達や孫達から「やんや」の電話に「もう日中は出かけません」と、宣言したそうな。
畑で野菜を作って、子供達に送るのを楽しみに、励んでいたそうだ。

夕方の散歩でやっと自分を取り戻す。
稲田の道を歩きながら、今年のお米の出来具合を観察する。
もう稲穂がコウベを垂れている田もある。
早生なのだろうか?
この畑の人はもうすぐ「新米」を食べられる。
新米100パーセントは美味しいだろうなあ。
手を入れない稲田には要らぬ雑草が背伸びしている。
畑を耕したまま、ついに苗を植えなかった畑の人は、今年は体調を崩したのだろう。

いちじくがおいしそうに色づいている。
散歩道にはこのいちじく畑も多い。
温室だったり、路地だったり・・いちじくは勝負が早いようだ。
苗木を植えて、翌年には収穫出来る。
いちじく大好きの私はいつも横目で見遣りながら歩く。
収穫は早朝なので、いちじく畑の人には出会えない。
一本の枝に10数個のいちじくが生る。
一本の木には数え切れないほどのいちじくが生る。
いつになったら私の口に入るだろう?
店頭では一個100円以上の値段が付いている。
子供の頃、飢えていたので、まだ熟れていないいちじくを腹一杯食べた。
口の周りが白い液で、腫れあがった。
それでも懲りずに畑に行っては、食べた。
懐かしい思い出だ。
今にして思えば、子供達のために親が植えてくれていたのだろう。

貧しい時代も知っている。

ポーチュラカは強い花だ。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/578-85f2ed58
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード