FC2ブログ

Entries

法事

隣で法事があった。
ひとり暮らしの息子は50歳代で独身である。
「親父の3回忌をするので都合がよかったら参加して下さい」と、前もって言われていた。
午後のディサービスのボランティア予定があったが、それを断った。
隣の亡きご夫婦にはお世話になった。
妻が先に逝って、3年後に夫が逝った。
あれからまる2年経った。
お盆が過ぎようとしていた8月15日が命日だ。
交通事故で全身麻痺で、片足は切断されて無く、2年間。
最後まで頭はしっかりしていた。

わざわざ遠い故郷から和尚さんを呼んだ。
故人と和尚は酒を酌み交わす仲だったらしい。
遠くからはるばる来た和尚さんの着替えが終わった頃合いを見計らって訪問した。
「ごめん下さい」
いつもはゴミの山のような玄関はすっきりしている。
昨日、休暇を取って家の掃除をしたようだ。
男の一人暮らしには「ウジ」が湧くと言うが・・。

仏壇も整えて、花も活けて、仏具にご飯も供えてあった。
和尚さんのお経が流れた。
参列者は5人。
お互いに高齢になると付き合いが少なくなる。
お経が終わって、和尚さんは仏壇から参列者側に向きを変えた。
「遠くからはるばる大変だったでしょう?」と聞けば
「今は飛んでも来れる時代です」と言う。
「飛んで来られたのですか?」
「いや、今日は飛びませんでした」
そんな他愛ない話をした。
私は言った「ちゃんとしっかりやったね!」家人に向けたねぎらいだ。
「この頃はこんなにちゃんと人を呼んでまで法事をする人は少なくなりましたよね・・」
高齢になったみんな「そうだ、そうだ」と相鎚を打った。

お経が終わって、お墓へ行った。
あまりに暑いので他人はご遠慮した。
幸いにして墓地へ向う時には空は曇って来た。
「きっと親父がそうしてくれたのだろう」と、息子が言う。
そうだろう、きっと3回忌を無事にこなしてくれた息子をsasa71.jpg
親父は空から見ていたのだろう。
墓地へ向う車を見送って、しばらく喋って、家に入った。
ひとつ「予定」が終わった。

今日の収穫
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/542-366f0095
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード