FC2ブログ

Entries

むっしあつい

蒸します。
朝は雨、止んで曇り、太陽が照り付けて真夏、そしてまた曇って、雨。
なんと猫の目のように目まぐるしい天気か!
曇っていたので帽子を被らずに買い物に出た。
10分ほど歩いた所で真夏の太陽が頭上でカッカと燃える。
頭髪が薄くなってきて地肌に容赦なく照りつける太陽。
洗濯物にとっては有りがたい太陽だが、自分の都合から言えば、もう少しの間曇っていて欲しかった。
日傘もささず、帽子も被らず、買い物袋を背にしょってとぼとぼ歩く。
そんな私を東屋で涼んでいた老人5人が振り返って見ている。
何だか恥ずかしいような、さりとて老人の仲間に入って「陽宿り」する時間もない。
間もなく正午なのだ。
帰宅したら疲れがどっと出て何をする気にもなれない。

午後曇って来たので「行こうか?」と、健康の森へ行った。
ところが今度はにわか雨に会って、東屋で「雨宿り」する。
どこかのご夫婦も傘をさして、ウチワで風を造りながら「一緒に雨宿りさせて下さい」と、入って来た。

すぐ近くの大木の緑が霞んで見える。
雨の降り方はかなりのものだった。
そのうちに雷も鳴った。
「今日の予報は曇りだったのに・・」
「こんな梅雨の季節に傘も持たずに出るなんて・・非常識極まりない」とオットットは言う。
いかにも自分には常識があるような言い方。
小降りになったので歩き始めたがまた降り出した。
「みっちゃんとこで傘を借りて来るわ!」
公然と孫とも会えなくなって、こんなチャンスは無い。
「東海市の婆ちゃんだ!」孫達には何の利害損得はない。大喜びだったsasa35.jpg

哀しいかな、オットットの頑固は灰になってもなおらないだろう。

今日は太陽さん、雨さんに歓迎されたいちにちだった。

公園で一枝もらった「くちなし」と「イングリッシュラベンダー」を挿し芽した。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/523-75805d86
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード