FC2ブログ

Entries

梅雨の晴れ間

昨日は土砂降り。
今日は快晴。
風もほどよくあって・・洗濯日和。
それでタオルケットを2枚、余分に洗う。
日常の洗濯物は雨三日だったので・・たまっていた。
溜まっていいのは・・お金と楽しみ。
ストレスは溜めたくないが、溜まっている。

うまく話しが出来ない私は、いつもストレートに話す。
今日は我慢した。
(何事も穏やかに・・怒ってはいけない。自分に負けたことになる)
ところがアルコールが入ると溜まっていたストレスが吐き出る。
キャッチというか聞き流しているのはオットット。
ハーモニカも頼まれて再入会したものの、出戻り娘にとっては必ずしも居心地のいいところではない。
合奏で担当していた「コード」をやっと引き受けてくれる人が居てほっとしている。
(もういつ止めてもいい、私の役目は果たした)そう思っている。
コードを担当した人は頑張りやさんで、凄く練習しているようだ。
それでそのうちに止めますと、会長に耳打ちしてある。
「私がいいコードを買ったばかりなのに止めるの?」
それを聞きつけた彼女がやめないでと言う。
私は気が弱いし、情けにつられて流されることがよくある。

教室にひとりずば抜けて、ハーモニカの上手な人が居る。
先生もその人に一目置いている。
「合格、今度舞台に立ったら?」いつも独奏したあとにそう言う。
私が独奏しても「ここに留意して・・」と注意するだけで、舞台に立ったら?とは言わない。
彼女は音楽にずば抜けた才能を持っているのは認める。
合奏の練習の時だった。
自分のパートの部分ではなく、私達第二パートの部分を何度も吹いている。
(どうして合わないのかしら?私だったらうまく合わせられる)そう言いたそうだ。
私の後ろの席で第二パートの人がつぶやいた。
「これ見よがしに吹いているわ」その声に私は同じて言った。
「Oさん、第二パートの部分をひとりで吹いてみて!」
彼女は上手にひとりで吹き上げた。
後ろの人がまた小声で言った。
「当り前よ、ひとりでだから合わさなくていいんだから・・」
それで私も溜飲がさがった。
「そうだよね!ひとりだったら合わさなくていいものね!」
それは第二パートの人達が小声で話したこと。
もっと言いたかったが、一応溜飲がさがったので言葉を飲み込んだ。
「どんなにあなたが上手でも、ひとりでは合奏は出来ないよ」

自分の下手さ加減を棚に上げて・・くやしun93.jpg
がっている。
「いやなら止めればいい!」
会費を払って、ストレスを買い込んで来るのも馬鹿らしい話だ。

うちの庭の「すみだの花火」
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/512-dc747d05
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード