FC2ブログ

Entries

しんどい

un58.jpg
こういう気候はどうも身体につらい。
汗は出ず、さりとて震える寒さはないものの・・丁度「いい加減」の気候。
どっぷりシアワセの中に浸かった日々なら、きっとシアワセを感じないだろう。
たまに辛かったり、哀しかったり、痛かったり・・した方が「健康」を有りがたいと思えるのだろう。

ちょっと無理をしたようだ。
足腰がだるく、思うように軽やかに歩けない。
中学時代には「かもしか」のような足と言われたこともある足。
対策を考えている。
とりあえず、足裏に貼る「樹液シート」を買って来た。
今夜から使い始める。
それから亡き姑が夏でも靴下をはいて寝ていた。
寝巻きのゆかたに似合わないが、朝起きた時に足が軽いと言っていた。
それを思い出した。
頭寒足熱と昔から言われている。
向かいの奥さんはリハビリに通っている。
それでもなかなか良くならなくて、湿布薬を貼っているらしい。
去年の末までは元気にスポーツに興じていたのに。
「歳かなあ」しみじみお互いに顔を見合わせながら言う。
あれがいい、これがよく効くと聞けば、銭金は厭わない。
「効果があったら私にも教えて!」
お互いにそう言いあっている。

スクールガードに出た。
下校時の小学生は勉強から解放されて、元気いっぱいだ。
先日の対面式以来「さようなら」「こんにちわ」の声が大きく多くなった。
「スクールガードのせんせい!」
「違うよ、先生ではないよ」
「それではスクールガードのおばさん!」
「いいえ、私はスクールガードのお婆さんです!」
「おばさんだよ!」
小学生は正直だ。
お姉さんとまでは言われたくないが、おばさんと呼んでくれる。
おばさん年齢に見えるようだ。
なんだかんだと言いながらも、小学生と一緒に居る時はしゃきっとしているから。
大丈夫。
一過性の体調不良だろう。

スクールガードに出ている時に電話がかかってきたそうだ。
保育園から。
「あした、お願いします」
?
つい先日の事、老人会の会長が言った。
「よっこさん、保育園へ遊びに行ってくれないか?」「ああ、いいですよ」
安請け合いしすぎた。
一年に4回ほど保育園児と老人会のふれあいがあるそうだ。
会長はこちらの予定も聞かずに直接、保育園から「明日・・」の電話がかかるなんて・・。
まあ明日の予定はノーなので、行くことにした。
保育園児と何をして遊ぶのだろう?
昼食を一緒にとって終わりとなるそうだ。
まあ保育園児には「婆ちゃん」だろう。
そんな歳になってもうた。

私が育てているきゅうりは、葉っぱがよく育った。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/504-486c4b72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード