FC2ブログ

Entries

快晴続く

un40.jpg
昨日も一昨日も今日も快晴だった。
いつ見ても夕日が大きい。
その時刻にいつも外に居るから見られる。
最近はハーブの種まきをしたのと、レモングラスの苗を植えたので、夕方公園へ水遣りに通っている。
公園にはかなり広い広場があって、時折サッカーや野球をしている。
小学低学年~高学年を集めて、準プロが指導している。
親や爺が送り迎えをしているようだ。
今日もバケツと4リットルペットボトルに水を入れて、公園の蛇口から貰い水をした。
それを(かなり重い)持って、薬草園で水遣りをしていたら、声をかけられた。
「水遣りも大変ですねえ、物を育てるという事は重労働ですねえ」
「はい、でも蒔いた種から芽が出たら嬉しいからやっています。
でももう伸びる草には追いつけません!春の花が咲き終わったのに次ぎには何を植えようかと困っています。
レモンの木が19本植えてあるのですが、今年はよく花が咲いたので実りが楽しみです」
「花もいいですが、野菜を育てたらいかがでしょう?」
「それが、駄目なんです。ここは市の公園で私達はここを借りて花やレモンを育てています。
収穫してお持ち帰りのものは駄目なんですよ」
「しかしここを放って置いたら、草ボウボウになるでしょ?何人くらいでやっているのですか?」
「そうですねえ、会員は20数名居るのですが、毎週出られる人は次第に少なくなって来て、最近は8人ほどで
作業しています」
「こんなに広い土地をたったの8人では大変ですね!」
「そうです」
「園芸クラブは土曜日の9時から作業をしています。入会しませんか?」
「いやあ、木曜日だけここへ孫を連れて来るので・・」
野球少年が20数名、指導者の指導よろしくテキパキと動いていた。
この子らはイチローや松井を夢見ているのだろう。
親も期待をかけているのだろう。
一週間に一度の練習で、一ヶ月のお月謝はいくら取るのだろう?
「はい、合宿の申込書だ。みんな持って帰って次ぎの練習日に持ってくるように・・」
指導者は紙切れを一枚ずつ手渡していた。
合宿してまで練習となると、随分かかるのだろうなあ。
親は子に随分投資するのだなあ。
そんな事を見たり聞いたり感じたりした。
まだ沈まない太陽を見ながら、小学校へうさぎの草を持って行った。
一匹居なくなったと思っていたウサギが、どこかに隠れていたようで以前と同じく7匹居てほっとした。

今年の自治会と老人会の人達は大きな変換期に来ているようだ。
高齢化してきてお互いにパワーが少なくなってきて、責任のありかが問題になりそうだ。
「もう年寄りには出来ない。自治会にお任せ!」
「自治会の役員だって高齢化している。出来ない事は無理してまでやる必要はない」
昨日・今日とそんな問題を耳にした。
自分達の緑地だと思っていた地が、何度か知らぬ間に転売されていて、そこの地を買い戻す
ように市と交渉しているとのこと。
市が業者にお金を支払うのは8月だから、それ以降でないと自由に使えない。
ゴミ集積所も資源回収の場も遠くなって困っている。
この1~2年が大転換期になるだろう。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/500-5b0ca1fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード