FC2ブログ

Entries

冷たい風

朝から寒かった。
気温は低い。
昨日貰った「血圧手帳」
一応、投薬の目安として記録することを勧められたので記入することにした。
超久しぶりの血圧計の乾電池を交換して計った。
何度やってもエラー表示が出る。
(医院へ持って行って、使い方を教えてもらおう)
そこまで思考が進んだが、もう一度と腕を変えて計った。
出た、出た。
最高血圧と最低血圧の数値。
ところが意外と大きな数字。
深呼吸をして、もう一度・もう一度。

まるで不思議を見透かしたように友達から電話があった。
「こないだはありがとね。
あなたの元気な顔が見られて安心したわ。
ところで、血圧の事だけど、あなたに言われたように計ってみたら朝から高いのよ。
肩凝りは仕方ないとしても波があるし、どうしたものかと?」
「毎日計って記録しておいて、140を下がらなかったら、医者に相談するといいわ」
この彼女は先日、私がボランティアしているディサービスに会いに来てくれた。
時々、向こうから電話がかかってくるが、いつも夕食の支度時間である。
今日は珍しく、午前10時だったのでゆっくり話が出来た。

午後は当番のハーモニカ教室に行った。
早く行き過ぎて、待った。
12時45分になってやっと部屋の鍵を渡してくれる。
2番目に来たSさんは、いつもと変わりない。
部屋に入って、新しいバスhare52.jpg
を買うことにしたと告げた。
「あと何年吹けるかどうかわからないけど・・」と、言う。
「大丈夫、やる気があればいつまででも吹けるわよ」
彼は後期高齢者である。
新しくコードを買った彼女はやる気満々である。
家で随分練習しているのだろう、2週間のうちに随分うまくなった。
私はそろそろ引退しようか?
「次回からふたり並んで、バスとコードの練習するといいわ。
私の相棒をあなたに譲るから、お願いします」
「そうしたらあなたはどうするの?」
やめますとも言えず、私なら第二パートを担当するから・・と言ったが。

後期高齢者のSさんもコードを買った彼女も「やる気」が満々。
そしてそんなふたりを見ながら、上手・下手は度外視してなんと輝いていることかと思う。
自分は前向きと言いつつそうなれず、前向きの人を羨ましくも思う。
頑張れ、ふたり。
頑張れ、わたし。

白い花が多い。「こぶし」
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/426-c32c43a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード