FC2ブログ

Entries

せみの羽化

スーパーで友達に会った。
今日の話は新鮮だった。
「セミがね、数日前に土から出て来て、木に登っているのに
なかなか誕生しないのよ。
どうしたのかしら?」
「きっと天候が不順だから、出るに出られないのかもよ。
でもね、あの羽化の瞬間は感動ものだわよ」
大雨が降ったり、強風だったりと最近の天候は安定しない。
それにしても「暑く」なった瞬間に、セミの鳴き声が一斉にする。
晴れて暑くなるのをどこで待っているのだろう。
ひとり「パルロード」を歩いていて「セッセッセッ」の合唱が始まると
まるでヒノキ舞台に立っているような気になる。
(暑くなるなあ!)と、覚悟する。
今日は次第に晴れて、洗濯物は乾いた。七月も半ば。
梅雨明け間近だ。
買い物帰りに近所の人に出会った。
歯医者へいっていたらしい。
「あなた、毎日何をしているの?」
「う~ん、午後はテレビ見てお昼寝しているわ!」
「駄目ダメ!!何かをしないとダメだよ。
私はこのコロナの好機にいろんな物を作ったわ!
孫のものも、自分のものも。
とにかく何かをしないとダメだよ」
彼女は苦労しただけに何でも出来る。
手先が器用で、アクセサリーも作って、いつも目新しいものを身に付けている。
またセンスがいいのだ。
私は「痛い所」をつかれて、心中穏やかではない。
しかし「やろう」という気は起らない。
まあ、花に関わるだけでいいや。
保育園生がママと一緒に花壇に居た。
私が手入れしている花壇の一角だ。
そこにはいろんな花を植えてある。
「ボク」はローズマリーに触っていた。
この花がいい香りがするのを、知っているのだろうか?
私と犬は「こんにちわ」と、声を掛けて通り抜けた。
「最低限のこと やっています ありがとう」 ギボーシgiboosi15.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/4204-15e34d52
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード