FC2ブログ

Entries

解除されたが・・

ほっとしたのも束の間。
ぼ~っとしているよりいいか!
コロナに感染した人が増えた。
これではまだまだ収束までいけそうにない。
ま、いいか!
生きているんだもん。
生かされているんだもん。

お向かいのご夫婦は、別々の病院に行っている。
ふたりとも「足腰」が、悪くなった。
杖をついて歩いていたが、車椅子になったらしい。
時々、長男夫婦が来て、窓を開ける。
風を通す。
帰ってきても、カビが生えていたら大変だ。
そんな彼らに声をかけても、どうしてあげようもない。
車椅子用の廊下を作りなおさないと・・と、ため息をついていたそうだ。
バリアフリーの建て方ではないので、これから介護保険でリニューアルするのだろう。
ここのご主人は、みんなの介護保険を使うのを嫌っていた。
今までも保険を使って、リハビリをすればいいのにと、思っていたが。
男の人の意地は硬くて「絶対に」頼ろうとしなかった。
救急車で病院へ運ばれるまで、車の運転は出来るので、買い物にも行っていた。
突然、夫婦ともども居なくなった。
そしてその一週間後に、その隣の奥さんも「検査入院」という名目で
突然消えた。もう一か月近くになるが、まだ帰って来ない。
新聞も断ったらしく、ここ数日ポストに入らない。
プランターに「夏に強い花」を植えた。私のアドバイスに従って。
からから天気が続くと、プランターの花は弱い。
それでたまに水やりに行くが、主の居ない花は元気がない。
「早く帰っておいでよー。寂しいよー」
彼女は終かつをやっていた。
私も思い切って、洋服ダンスに何十年もかかったままの洋服を2袋
ごみに出した。
なんだか、洋服ダンスが軽くなったと、喜んでいるような?
何もしないうちに、陽が暮れた。
田んぼが増えて、カエルが鳴いている。
びわの実が色づいてきた。
畔の生い茂った草をふたりががりで、枯らしていた。
「枯葉剤」を散布して数日経ったらたら、枯れ色になる。
やっぱり自然の色がいい。草刈り作業は大変だろうが・・。
足早に消毒ならぬ、枯らす薬を散布している場所を通りすぎた。
やがて、その畔の中も耕されて、田んぼになるのだろう。
コロナも強くなるだろう。強い薬が次第に増えていくのだから。
「♪ びわは 優しい 木の実だから おひに抱かれて 熟れている ありがとう」hanato28.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/4155-4f0e1250
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード