FC2ブログ

Entries

暖かい雨

昨日と今日の暖かさは、春本番をおもわせる。
一日いちにち春が来る。
毎日、同じ日々を送っていると、変化が少ない。
感じることも同じ。
改めようと思っても、すぐに逆戻りする。
来週は逆戻りで寒くなるそうだ。

あれこれ思っても、実行できない。
それでも今朝は、義姉に電話した。
「元気ですか?」
たまにの電話に義姉は大喜びしてくれた。
「桜が咲いたら、一緒に花見しようね!」
「近場でいいから、会ってお喋りをしようね」
義姉はとても元気だ。
回りの人が「ぼけた」と言うが、話はしっかり通じる。
「我が家からは御嶽山も伊吹山も見えるのよ。
平地だから、買い物にも散歩にも苦労しなくていいし。
ここが一番いいわ」
自分が住んでいるところに満足している。
短い電話のあと、買い物に出かけた。
スーパーの店内では、知り合いに出会わなかった。
帰り道、ご近所の人に出会った。
「お久しぶり~」なので、話が弾む。
「特に買い物はないんだけれど、こうして歩いていたら誰かに会うでしょ?
会えば、話ができるでしょ。ひとりではお喋りできない」
かなり会話して、帰り道になった。
もう少し行ったところで、卓球仲間に会った。
「あなた、風邪を引いていたらしいけど、もう大丈夫?」
正月に遠くから息子一家が3泊でやって来たらしい。
「いつも体調が崩れるのは、正月前から過ぎまで・・」
きっと気や心を使ったからだろう。
まだ正月に使った布団もそのままだと言う。
「ぼつぼつ、片づけるといいわよ。あせらないでね」
もう少し進んだところで、いつもしゃきっとした奥様に出会った。
遠くて顔が判別できなかったが、雰囲気から手を挙げた。
やっぱり私の感は当たっていた。
彼女は近づいてきて、話始めた。
歳を取ったら、明るい色に努めるといいと、テレビでやっていたよ・・との事。
明るい色のベレー帽を冠っていた。
「この帽子ね、娘が結婚する前に買ってくれたものなのよ。
もう50数年になるわ」
上手に着こなして、上手に手入れして、大事にしているのだ。
「あら、ご主人さまが待ってらっしゃる」と、解放された。
帰宅したら、午後1時に近かった。
随分長い買い物だった。
みんな知り合いに会ったら、お互いに話したい事があるのだ。
ほんのちょっとした些細な事だけど。
それが「生きる」「生きている」証なのだろう。
午後は卓球に行って、固まった身体をほぐした。
仲間が居ればこその「生きがい」なのだ。
終わって、外に出たら小学生の下校時間だった。
「土、日の連休だ!」
楽しそうに2日間の休みの話をしながら下校して行った。
雨になったが、大降りでなくてよかった。
「雨になって 洗濯物は 乾かず ありがとう」2014fuki2.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/4051-dd71bf5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード