FC2ブログ

Entries

秋晴

dede6.jpg
水集の年に一度のお愉しみがあった。
毎年「ハイキング」と銘打って、自然を楽しむ。

今日のハイキングは8名の参加だった。
「新実南吉記念館」に決まった。
私が「ごんぎつね」ティーシャツを着ていたのを見て、決まった。
それまでは「東山公園」と決まっていたようだ。
そういえば、東山公園にも随分行っていない。
ハンサムなゴリラにも会いたい。
なかなかひとりでは出かけられない。
彼岸花が咲き終わった矢勝川の土手を歩いた。
爽やかな風がほほをなでる。
川の中には鴨や亀が楽しそうに遊んでいた。
周りの田圃では、刈り取られた稲田・まだ頭を垂れた稲、
落穂拾いか、アオサギの鳥たちが生き生きと動きまわっていた。
なんと自然の中で、生きている生き物達は「いきいき」しているのだろう?
悩みや雑念だらけの人間が、ひとときこの自然を楽しんだ。
空気がおいしくて「お喋り」が止まらない。
南吉記念館に到着した。
お昼は、近くのスーパーで弁当を買って、食べながら語った。
腹ごなしに「童話の森」を歩く。
森信三さんの碑に「人生二度なし」そうなんだよなあ。
腹ごなしをして、いよいよ記念館に入った。
予想通り「観覧料」が、値あがっていた。10月から消費税10パーセントになった。
記念館の今の催しは「安城デンマーク」だった。
南吉が安城女学校で教師を勤めていた頃の写真が多かった。
安城は日本のデンマークと言われるほどの田園地方。
南吉作の童話の世界が、ミニチュアで、展示されていた。
図書室には、とてもとても物凄い本があった。
南吉の童話も各国語に翻訳されていたり、「ごんぎつね」の本も表紙が
いろいろ変わっている。
南吉生誕100年は、もう数年前になった。あの時も行ったはずだが・・
あれからもう数年になる。時の流れは早すぎる。
午後3時、売店の横にある喫茶コーナーで、コーヒーを飲んだ。
ここでもかなりお喋りが弾んだ。
「ごんブレンドコーヒー」コップもお皿にもその上のサブレもごんぎつねが、いっぱい。
電車の時間をスマホで見て決めて、やっと腰があがって「サヨナラ」になった。
帰りは車の多い通りを歩いて、老人にはずっと記念館まで「歩道」が欲しいなと思いつつ歩いた。
普通電車しか止まらない駅。
そこにも「ごんぎつね」が、絵だったり作り物だったり、で、いっぱい居た。
半田は新実南吉のお蔭で、観光客が後を絶たない。
北に宮沢賢次、南に新実南吉あり。だ。
「会えてよかった 南吉さんに ありがとう」








スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3935-61b53c7b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード