FC2ブログ

Entries

お天気姉さん

雨が多くなった。
その雨も大降りが多い。
そんな不安定なお空だが、眼科に予約した。
その眼科医だけ「予約要」とあった。
「予約して行かないと、遅くなるよ」友達から言われていた。
市内の「健康診査」をかかりつけ医で受けたら、ピンクの封筒が手渡された。
こんな体験は始めてである。
(身体に大病が潜んでいるの?)
かかりつけ医に聞いたら、そうでもないらしい。
「眼から身体の中の状態がわかる」らしい。
「一ヶ月以内に、検査を受けて下さい」眼底検査だ。
こんなに暑い夏に、自転車か歩きでなければ行けない。
わが家には車は無い。
予約して一ヶ月近く、心は穏やかでなかった。
(なるようにしかならん) (どうにでもなれ!)投げやり的になっていた。
私の眼は2度の手術に耐えている。もうこれ以上はゴメンだ。
頭の中で予想した道を走った。
太田川沿いの道は平たんで、走り易い。
眼科医まで20分で行けた。待合室に入って驚いたのは、満員だという事。
2学期が始まる時期なので、子供が多かろうと思っていたが・・・外れた。
高齢者それも男性が多かった。
ああ、男の人も歳を取ると・・眼が悪くなるのだなあと、変なところで感心した。
検査の予約をしていたので、割と早くに診察室に連れて行かれた。
「こごて、暗さに慣れるために30分程お待ちください。大丈夫ですね」「はい」
真っ暗な部屋で30分以上座って、時間の流れを待っていた。
私のことだから、緊張していて、いろんな会話が耳に入った。
「手術をしますか?ここでは出来ないので紹介します」」「しばらくお薬を服用して下さい」「パソコンの字が見づらくなったのですか?
この点眼薬を一日に4度さして下さい」
受付・会計の方角からは、そんな会話が聞こえる。
反対の部屋からは、先生の穏やかな診察する声が聞こえる。
(待ったなあ)時計を見たら、40分経っていた。
「お待たせしました」
先生が眼底検査をした。右と左眼。
「いますぐにプリントアウトしますから・・」
そしてすぐに眼の写真を2枚、先生はその説明をした。
「手術はもう嫌ですから・・動脈硬化がどうのこうのと、かかりつけ医が言ってましたが・・」
「大丈夫ですよ、動脈硬化は大丈夫です」
そしてその検査の結果は、市の健康管理課か、かかりつけ医へ送られるのだろう。
外に出たら、真夏の太陽だった。
駐車場は満車で、自転車は私のだけだった。
えんやとっとと太田川沿いの自転車道を帰った。
重かった「再検査」の結果がよくてよかった。
それにしても「晴れ女」か、快晴でよかった。
「日没が 少し 早くなった ありがとう」 ウッドチップの機械kikai1.jpg






スポンサーサイト



2件のコメント

[C811] こんばんは

健康診断は大事ですが結果が来るまでは嫌ですね。再検査、なんて言われたらいいこと考えません。検診も予防と早く病気を見つけるということで大切なのはわかりますが、知らないでいた方がいい、と思うときもあります。

[C812] そうなんです

そうです。
私の頭は暑さでどうかしていたようです。
「検査」をするという事は悪いとこ探しだと、受けたあと気づきました。
「知らぬが仏」はシアワセです。
この一か月間、ハラハラドキドキでした。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3880-c9351af2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード