FC2ブログ

Entries

雪だ!

雨戸を開けたら、眩しい。
目の前が真っ白だった。
取るものもとりあえず、写真を撮った。
デジカメなので、いくら撮ってもお金はかからない。
アングルを考えながら、バックの色合いも考慮して一瞬(今)を撮る。
胸がドキドキする。
つい数年前の私は、雪が嫌いだった。
雪の降る日は寒くて嫌だった。
しかし今は違う。
カメラに雪を収めることで、今が過去になっても・・残る。
ときめきが残る。
家の周りの景色を撮る。
降る雪は一冬にあるかないかの絶好のチャンスだ。

雪を眺めつつ、掃除機をかける。
昨日は大勢の人が出入りしたので、ホコリがあるかもしれない。
電気工事の際に家の隅にあったホコリも取り除いた。
お蔭で何十年もやれなかった隅ッこの大掃除が出来た。
すっきり掃除が終わったところで、一服。
新聞に目を通す、肩には遠赤で身体の芯から温めるものを載せて。

雪もほぼ止んだので、今日は行けなかった公園園芸クラブの公園へ行ってみる。
レモン色に色づいたレモンを撮る。
この寒いのに咲いているレモンの花や蕾を撮る。
花壇の草花達を撮る。
公園では5人の子供がコーチにサッカーをしごかれていた?
雪がちらつく中「子供は風の子」だ。短パンに薄着。
雪はすっかり止まなかった。
そのまま買い物に歩いたが、雪が積もって埋まることもない。
コートに落ちた雪はすぐに解けていく。
帰宅したら、足の指先までポカポカしていた。
昔?はくつ下に貼るカイロを使っていた。先日も追加して買ったが・・。yuki20.jpg

「一日に一度でいいから体温を一度上げると、体調がよくなる」とは今ベストセラーの本だ。

午後も雪と風は止まず、散歩は諦めた。
この寒い日に近くに葬式看板が立っている。
そう言えば、筋ジスで亡くなった同級生の告別式の日だ。
最後まで「ページめくり機」まで買って、読書した前向きの人だった。
無念だったろう。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/386-293ffa71
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード