FC2ブログ

Entries

立春

春とはとても思えない寒さ。
元気を貰いにバドミントンに出かけた。
14名の「おばあさん」(まだ、の人も居るが・・)が頑張る。
みっともなくは無い。それなりだ。
それなりに頑張っている姿は美しいと思う。
バドミントン仲間の旅行は海外で2泊に決まっていた。私が早退した時に決まった。
私の体力は一日しかないし、海外へは行ったことが無いに等しい。
どうして断ろうか?
そうしたらたまたま旅行の日と、巡礼の旅が重なった。
小躍りして胸を張って「パスします、ごめんなさい」と言った。
理由があって良かった。
四国巡礼の旅は兄弟夫婦4人でツワーに乗っている。
去年9月から今年の秋までかかりそうだ。
88ヶ所を巡って、最後に高野山へお参りできたら満願成就ということになる。
「知らぬ間に終わってしまうよ」と、行った経験のある人が言うが、初体験なので決死の覚悟である。
終わったら、少しは何かが変わるかもしれない。

午後も寒かったが太陽の陽射しがあるうちは部屋の中は暖かだった。
午後3時前に低学年のスクールガードをする。
もう一度4時前に出て高学年を見送る。
よく話かけてくる少年が言う。
「ボクの株が下がって・・」「何?株をやっているの?」
「違うよ、ボクの株だよ。人気というか・・。これ以上下がったら底値だわあ。
でもちょっと上がったかな?今日図書委員をやったから・・」
「あら、図書委員をやっているの?」「そう・・」そう言って彼はバイバイと手を振った。
面白いことを言う小学生だ。
爽やかな風が吹きぬけた。

夕食の支度をしていたら電話が鳴る。
この忙しい時に誰だろう?
くたびれたような声で受話器を取った。
東京の同級生からだった。
それは小・中・高とずっと一緒に学んだ同級生の訃報だった。
彼とはメールのやりとりがあり、私の下手文を読んで・・感想を寄越してくれた人だ。
「のぶさん」
難病は治らないとは知っていたが、こんなに急速に進行するとは?
短歌もやる人で何度も入選して新聞に載った。
私は彼が星になったと確信した。
夜空を見上げたら真向かいにオリオン星座がまたたいていた。
去年の今日も同級生の訃報を聞いた。立春というのに冬を越せなかった人。
彼女は名古屋へ嫁いで来ていた。我が家へも尋ねて来てくれた人。
2月は好きでない。kamo61.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/384-9ce46e4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード