FC2ブログ

Entries

「そのうちに雨が来るでしょうね」
黒雲を見上げながら交わした朝の挨拶。
ところが、それから5分もしないうちに、大粒の雨が降りはじめた。
鏡のような池の水面に大きな輪が出来る。
次第に輪の数が多くなって、傘なしでは歩けなくなった。
あちらこちらの庭先・公園に咲くあじさいの花が生きている。
スーパーの前の交差点では、車の長い列が出来ている。
濡れないようにと、地下駐車場に潜りこみたい車ばかり。
店頭のいつもその場所で出会う友達は、いつもピンクの帽子をかむっている。
よく似合っている。
「不思議と買い物の、時間帯が同じなのね!場所も・・」「そうなんだね」
混雑しているスーパーでは、お互いに人の顔をしっかり見ない。
私の顔の傷に気付かれなくて良かった。
帰りはもっと激しい雨になった。
二日分の洗濯物は全然乾かなかった。
気温も20度で、風もなく「寒さ」を感じる10日だった。

夕食後、のんびりタイム。
隣人の帰宅は6時30分で、間もなく帰るだろうと・・外に出て見た。
今日は太陽を拝めなかった。
せめて「夕日を」見送ろうと道路に立った。
隣人が帰って来た。
「夕日を見ようと外に出たら、まだあんなに高いところに太陽が・・」
夏至は今月の22日だ。
真っ赤な太陽ではなかったが、真ん丸で・・今日の太陽が見られてよかった。
「なわしろbudo3.jpg
いちごが 熟れた ありがとう」



よく

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3800-4a0754d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード