FC2ブログ

Entries

今日も快晴

今日も快晴。
11時前に出発した。
平坦な道は歩きたくない。
起伏のある丘を目指す。

かぎや緑地公園へ向かった。
あの満開の「山吹」をもう一度見たかった。
やまぶき色の黄金とまでは欲張らない。
今日は足の向くまま目的もなく歩いた。
(急がなくてもいいんだよ)
そんな自分の気の向くまま前進した。
田舎道はどこまでも続く。
舗装した道が途切れる。
畑が途切れたところで、でこぼこ道になる。
草ぼうぼう。
歩いて行ったら、高いところに池があった。
池のそこに人が居た。(釣りでもしているのか?)
彼が近づいてきた。「釣りですか?」
「早く来たつもりなのに、もう無い」池の向こうは藪だ。
彼は「たけのこ掘り」に来たのだが、手にはわらびを一握りゲットしていた。
「柔らかそうですねえ」
「太くて、きっと柔らかいでしょうよ」彼はわらびを見せて笑った。
彼が居た方向へ向かった。
この道はどこへ続くのだろう?
藪の中、薄暗い道、もうたけのこもわらびの取り残しもなかった。
進んで行ったら、湿地があり池もあった。
高い木の枝でウグイスが鳴いている。
誰も居ない、何もない場所、自然がいっぱい。
満足だった。
そのうちに機械の音が聞こえてくる。
どんどん前進する。
低いが山に囲まれた盆地に、ぶどう園があった。
畑を耕す音らしかった。
ぶどう畑は温室になっていた。
私は時々行く「御岳山(みたけさん)」を裏側から見ていたのだ。
舗装した道路、登り坂。足が前に出ない。
看板が立っていた。
「これより先、通行禁止」はやかわファームと、記されていた。
私は裏側から入ったので、看板はなかった。
どこへ出るのだろうとワクワクしながら前進したら、かぎや緑地公園に出た。
展望台へ向かう。
「ヤッホー、ヤッホー」女性の声。
ご夫婦で初めて、この道を歩いたらしい。
かなりのご夫婦だが、ヤッホーの若さに感激した。
こだまは応えなかった。
展望台の前は広々とした下界だから。。
少しずつだが、公園に変化がある。
池を作り、ホタルを放つそうだ。
帰りに近くの氏神様の横を通る。
明日は「かぎやまつり」だ。
「よう歩いた 一万五千歩 ありがとう」bota2.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3748-795143c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード