FC2ブログ

Entries

雨戸を開けて、前の家の瓦屋根を見た。真っ白。
朝、家の前の道路を掃いていたら、前のご主人が挨拶して言った。
「今日は暖かいですねえ」
「ええ、でも今朝はお宅の屋根が真っ白でしたよ、霜で・・」
超簡単な平凡な挨拶だ。
風で飛ばされた山茶花の花びらが隣からたくさん飛んで来る。
「風のせい?」これも自然の成り行き。

暖かいので春を探しに歩いた。
どこの家庭も布団干しをしている。
14階建てのマンションにはいろんな布団が干してある。
風で落ちたら、拾いに下りるのが大変だろう。

退院まじかのみっちゃんに会いたい。

午前中に田舎の同級生から電話があった。
「転居しました」の通知が親しくしている人から来たらしい。
通知を出した人のご主人が脳梗塞でもう8年になると言う。
「お金を貸して・・」と頼まれて、私の友は一度は応じたらしい。
しかし再度「貸して頂戴!」と来たらしい。
二度目は応じなかったようだ。もう「ちゃら」にして。
どんなに困っても、友達から借金をするのはよほどの事だろうが、友人関係が崩れてしまう。
ご主人が病気になって、よほど困って・・家を処分したのだろうとの事だった。
それと親しくしている友達に電話を掛けたが、誰も出ないので心配しているとのこと。
私も親しくしているそのkamo26.jpg
友達は去年、脳腫瘍の手術をした。
そして回復したのだろう・・自筆の年賀状が来ていた。
私は去年の2月はじめに亡くなった、名古屋の同級生のことを想う日々だ。
寒いし高齢になると、こんな話が多くなる。
ほっとするような心がポカポカするような話題は無いものか?

お稲荷さんの椿。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/373-030c0025
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード