FC2ブログ

Entries

夢の中

♪ 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと おもいませんかー
昨夜、夜中に眼が醒めた。
(今日はサロンの日なのに、何の準備もしていないわ)なんと夢の中ででも
私は急いでいる。
あせっている。
これでは本当の休息は出来ない。
事実は一日間違えていた。
それに気が付いて、また安心して寝た。
しかし起床してからも見た夢が残っている。
妄想と現実、認知症に近づいている?

今日の予定はお抹茶で、お喋りの日だった。
私の不安を打ち消すように、お茶の先生はお元気だった。
2月は予定があって、お喋りに参加出来なかった。
一ヶ月間、いつも見ている顔を見ないと淋しいものだ。
久しぶりに仲間の元気な顔を見て安心した。
介護施設の一画にある、小さな喫茶コーナー。
今日は一ヶ月に一度のお抹茶の会があるので、満席だった。
施設に入所している人も大勢来た。
車椅子の人もいた。
お抹茶にはさくら餅。
長く居たので、コーヒーも注文した。
まだ新しい服、もう着ない服をそこへ寄付する人もいる。
「この代金で、庭の花苗を買うのよ!」
どれも一枚、100円の安物である。
しかし安くても、値打ちがある。
私はそこのハンガーに掛かった服を2枚、200円で買った。
誰のものだったか、それは関係ない。
気に入ったものなら、いくらでも出す。
これからの季節に間に合うような色、デザインだ。
大喜びで帰って、我が家のハンガーに掛けてある。
しかしこの寒さでは、まだ着られそうにない。
赤いブラウスと、黒いベスト。
しっかり手に持って、試着していたら歳を聞かれた。
「あのう、私は80歳なんですけど、おいくつですか?」
真っ白い頭を見て、高齢に見えたのだろう。
「その色、似あいますよ」で、決定した。
それにしても白い頭のために、高齢に見られるのも仕方ないか!
「お茶、おいしかったです。ありがとうございました」
「また来月、来ます!」
仲間にサヨナラして帰宅したら、まだ昼前だった。
自転車で買い物に走った。
「太陽は暖かいが 風が冷たい ありがとう」  ツタンカーメンのえんどうの花kin2.jpg


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3712-830376c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード