FC2ブログ

Entries

慈雨

寝床で随分長い間、雨音を聞いていた。
かなりの雨量である。
起きても、こんなに大雨だから、ラッキーの散歩は小降りになってからで良かろう。
そう思った。
そしていつもより30分、遅くに起床した。
まだまだ雨は小降りになりそうにない。
「こんなに降るのに、もう少し時間をずらせたらいいのに・・」
朝の散歩は連れ合いの役目だ。
素直に私の意見を聞くはずもなく・・・合羽を着て出かけた。
今日は終日の雨らしいので、洗濯はおやすみ。
だらだらした一日を過ごした。
何かをしたい、しよう・・と、弟に絵手紙を出した。
言葉は話せなくても、見ることは出来る。
これからも治ることのない病を抱えて生きて行く。
可愛そうだが、これが運命・寿命というものだろう。

傘をさして長靴を履いて買い物に行った。
いつも出会う人と、今日もいつもと同じ場所で出会った。
「毎日、ここで出会っていると安心だわ。お互いに元気だという事で」
彼女は笑っていた。
買い物通りも綺麗になった。
長い事かかって道路工事をしていた。
昨日、完成したらしい。
分離帯に植えてあった木がなくなって、フェンスになった。
見通しはいいが、緑が無い。
車線は多くなったが、車も多くなった。
緑のない町は、生きていない、空々しい。
これからは買い物通りの道を変えよう。
排気ガスを吸わされる道は、健康によくない。
というより、私は嫌いだ。
木や花があってこそ、人間に適した環境だ。
大雨は午後3時には、ほぼ止んだ。
さあ、ラッキーとの散歩の時間だ。
「慈雨 大地が潤った ありがとう」  ミツマタhaku4.jpg
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3697-a17e65eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード