FC2ブログ

Entries

ぼけ~っと

寒いと「寒い、寒い」と緊張する。
少し暖かいと緩んでぼけ~っとなる。
これが自然というか純なこころなのか?
本当に人間てやつは、いや私という女はやりにくい。
気になる事があると、そればっかり。
身動きが出来ないくらいに縛られる。
そこでこれはもうどうしようもないと、動く。

午後は陽気に誘われて「行ける所まで行く」
体力と時間が問題だ。
行ったら帰るだけの余力を残して歩く。
隣の市の畑が続く道を歩く。
温暖で出来すぎたキャベツが段ボールに入れて捨てられていた。
そのうちにトラクターで踏み潰されるかもしれない。
住宅街を歩けば、狭い土地にアパートが建て込んでいる。
昔は栄えただろう田舎道は車の往来が激しくなって、道幅が狭い。
車が見えたら、歩を止めて行き過ぎるのを待った。
知らない町を歩くのもまた楽しい。
そこに住む住人の顔が見え隠れするようだ。

お稲荷さんへ寄った。
お参りをして、しばし境内にあるマンサクの蕾を観察したり、椿の花を眺めた。
ついさっき散歩のついでにお参りした男性が言った。
「帰りにそこの水道を止めてくださいね」「はい」
手洗い場の水道水が出っぱなしなので、どうしたのかと首をかしげていた。
いつも満タンの手水が減っていた。納得。

とことこ歩いて1時間あまり。
小学校へ着いた。
ナップに入れてあったスクールガードの腕章を出して、ガードマンの顔になった。
1年生の下校時間で、先生が地区別に並ばせようとするが、なかなか縦列に並べない。
生徒の自主性を促すためか、あまり口出しはしない。
見ていてイライラするが、こんなもんだろう・・とも思う。
勉強が終わって解放されて・・やっと自由になれたのだから。
先生の許しが出た列から帰り始める。
ところが最前列の班長さんが、口やかましく「一列になって!さっさっと歩いて!」
言う事を聞かない子が多くて、班長さんの声が嗄れた。
kamo6.jpg
気長くないと先生は務まらないだろうと思った。
しかし腕白も元気なればこそ!
この1年生がどういう大人に成長するのか行く末を見たいものだ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/369-631558af
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード