FC2ブログ

Entries

人酔い

田舎はいい。
自然がいっぱいあって、人に酔うことなどない。
超久しぶりに名古屋へ出かけた人が「人酔いした」と、酔っぱらって帰宅した。
名古屋の中心街は冬だというのに、どこもかしこも・・人間で溢れているという。
私は目的地へ一直線で行くので、人酔いすることもない。

木曜日の今日も予定なし。
予定が無いということは、時間に追われないのでのんびりしている。
のんびりタイムばかりになると、ちょっと危ない。
歩いて買い物に行く。
途中、市民館に寄って明日の打ち合わせをする。
明日は予定がある。
体育室では、バドミントン仲間が、楽しそうにシャトルを追っていた。
「うわあ、お久し振り~。元気だった?」
「元気だよ~」バドミントンを辞めて、もう3年になるか?
ドクターストップならぬ、オットストップで怪我をしないうちに止めた。
みんな元気で生きている。
途中、休憩になって手作りのシフォンケーキが出てきた。
私もいただいた。ラッキー、いい時間帯に行ったようだ。
「作り方を教えて?」
しかし材料の種類と分量が頭に入らない。
やっぱりおいしい物は、頂きものに限る。
「また、顔を見せてね!」で、さよならする。
スーパーでは酒粕が眼に入ったので、今夜は粕汁に決める。
重い荷物を背中と手に、ついでに・・・と、駅へ行く。
すぐに電車に飛び乗れるように「マナカ」にチャージする。

午後3時のラッキーとの散歩。
黒雲に覆われた空、やっぱり見上げている。
今夜は雨かも?
歩数は10000歩を越えていた。

そうそう、今朝は不思議な電話があった。
私の携帯の番号を知って、かけて来たのか?
殆ど、携帯番号を人に教えてないし、従ってかかってくることもない。
朝ドラを見ていた時、何かが鳴っている。
携帯の呼び出し音だと気づくのに、間があった。
ガラケーを開いて、話始めようとしたが、いつもの調子で違うボタンを押した。
携帯は消えた。
仕方ないので、履歴を押したら向こうの声が留守電に入っていた。
なんだか、不気味な声で何を話しているのか聞き取れない。
しかし私の鈍感な耳に、息も絶え絶えの声が響く。
そして「りょうちゃん」とか「りょんちゃん」の名前がわかる。
慌てた私は、義兄宅に電話した。
「今、大丈夫?姉さんは大丈夫?」
「今、犬の散歩に行っているし、りょんは仕事に出かけたよ!」
電話を受けた義兄は、先日躓いて肋骨を骨折して10日間入院していた・・と、
退院してからお知らせがあった。
そんなこんなで、私の中は動顚している。
携帯の履歴から掛けた人に通話できることを、あとで知った。
しかし「いたずら電話」かもしれないし、「間違い」だったかも知れないし「ひん死の状態にある人からのSOS」
だったら、大変なことになるので、おもいとどまった。
今の世の中、異状が多い。
気が小さくて弱い私は、とても生きづらい。
「昨日と同じ 時間 同じことをしている ありがとう」san1.jpg







スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3627-8da4d69f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード