FC2ブログ

Entries

心配事

無くならないどころか、ますます増えて来る。
自分の事で精いっぱいなのに、人の心配もする。
せざるを得ない。

今日は天気がいいので「ふとん干し」をしていた。
昨夜から使い始めた大布団。
古い布団で、綿が固まっているようだ。
昨夜は重くて、熟睡できなかった。
今日は快晴らしいので、日光に当てた。
少しは水分が飛んで、軽くなっただろうか?
もう古くなった布団は、ゴミとしてだそうか?
電話が鳴る。
「今ね、布団を干していたの・・」
同級会で世話役をやった人から何の音沙汰もない。
「お疲れ様でした、参加出来なくて申し訳ありませんでした」
そう書いた便りを出したのに、ナシのツブテ。
「同級会が終わったら、検査が待っている」と、ぼやいていたらしい。
田舎の同級生は、メールを出したら「検査の結果は17日に出るらしい」との電話
があった。
私は便り一本のみで、電話もせず様子を伺っていた。
田舎の彼女は気がかりになってショウがなかったようだ。
そのことについて、2度も電話がかかって来た。
「私は何もせずに朗報を待っているから」と伝えた。
そして数時間後、お昼の郵便配達が来た。
便りが来た!
夫婦連名になっている。
ハガキの表は奥さんの字と文。「絵手紙ありがとう」だった。
裏は同級生の見慣れた特徴のある文字。
元気な便りだ。
「来年は、土居のおまつりに顔を出せたら、と思っております。
健康に気をつけて頑張りましょう」
無理をしているのだろうが、検査のケの字もない。
来年のおまつりに行きましょうとの誘いの意味もある。
彼は来年を見ている。
夫婦ふたりの文字と筆跡に安心しているが、結果はまだ。
やだねえ、歳を重ねるとこういう事が多くなる。

午前中「のんびり村」の「ちゃら」で今年最後のお抹茶を頂いた。
「おいしいお茶を ありがとう」
お抹茶の先生もそれなりだ。
手を引かれて、歩いて行かれた。
「来年もよろしくお願いします」

「少し あたたか 助かる ありがとう」
raki1.jpg
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3620-655d0ace
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード