FC2ブログ

Entries

リース

寒い、寒いとぼやいていても何も始まらない。
ますます身も心も硬くなってしまう。
どしようもない、動くことにした。
午後の太陽の暖かい時間を見計らって、近くの雑木林に行く。
花ばさみを持って。
ツルウメモドキはいつも毎年そこで、茂って実をつける。
そこを目指して、胸を張る。
あるある・・・いっぱいの赤い実。
これが鳥に見つけられると、一瞬のうちになくなってしまう。
鳥より先に失敬します。
いくらでもあるウメモドキ、いい枝振りを選んでちょっきんする。
今日の目的は、プレゼント用。
自宅用はもう作って、玄関ドアにぶら下げてある。
いつもなら昼寝の時間。
その時間帯の労働?は、しんどい。
いつもなら眠っている身体にムチ打つ。
少し大きめに作って、月桂樹の緑を添えた。
それを持って、市民館へ行く。
事務所のドアをノックしたが留守だった。
市民館のフロアのあちこちにクリスマスの飾りものがある。
リースも何個か飾ってある。
まあ、いいか! 自然の中にあるもので作ったものだ。
そして午後3時、ラッキーとの散歩。
「寒いねえ」「寒いねえ」の連発だった。
あちこちキョロキョロ紅葉を見ていたら、柴犬に正面衝突しそうだった。
「しまった! 気が付かなかったわ」
柴犬はお利口でワンとも言わず、それに反してラッキーは吠え続けた。
すれ違ってもまだ振り向いて、吠え続けていた。
あの柴犬はきっと血統書付きだろう。
上品な顔立ち、仕草は高貴な生まれ・育ちを想像できた。
犬の綱を持つ人も、上品なジェントルマンだった。
私の急な出来事に慌てふためいている様子を、にこやかに見つめていた。
「前を向いて歩かなくて、すみません」
「今日も 寒かった 低温疲労risu5.jpg
 ありがとう」

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3614-9ec7bf82
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード