FC2ブログ

Entries

あけび

田舎ではあけびは当たり前に、自然の中のある。
都会では探す。
懐かしいあけびの甘味を味わおうと必死である。
学校の近くの雑木林にあるある。
学校のフェンスにしがみ付いて、なっている。
寒くなってきて、色が冴えて来た。
誰もそこに「あけび」があることを知らない。
誰も「あけび」なんて知らない。
ラッキーとの散歩で、毎日観察している。
口をぱっくり開いた濃紫のあけびを採った。
そして絵手紙にした。
絵に描いたので、それを孫に食べさせた。
「これあけびと言う物。食べて見て!食べて見ないと、味が分からないよ。
砂糖とも何とも言えない上品な甘味だよ」
孫は一口、やっと口に入れた。
「うん、甘いね!でも種ばかり」
そうなんです。
あけびは殆ど種で出来ている。
物凄い数の種に、繁殖力が伺える。
そして今朝。
残ったあけびの皮を捨てない。
千切りにして、炒める。
ほろ苦味のあるオツな味だ。
こんな食材を食べられるシアワセ。
こんな田舎に住んでいればこそ。
「苦い」味なんて、他の食材にはそうない。
苦い想いをすることはあっても。
あと数個、あけびはフェンスにからまってある。
まだもう一度「苦い」味を賞味できる。
「何もしないうちに 陽が暮れた ありがとう」bie.jpg



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3573-e1ec85a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード