FC2ブログ

Entries

6月7日

梅雨入りした四国は朝から曇っていた。
今日は自宅へ帰る日。
折角ここまで来たのだから、せめて墓参りをしなければ・・とは思ったものの身体
が動かない。
仕方なく墓参りを諦めて、義母を訪ねる。
今日はディサービスに出かける日とかで、7時にはもうお出かけの身支度をしていた。
足元は危ういが、頭はしっかりしている。
夜、嫁さんからかかって来た電話によると「もう95歳」とのこと。
「一番元気なのではないかな?」と、皮肉の籠った言い回しだった。
「食欲はあるし、大して悪いところもないし・・」それに引き替え、自分の両親は
病院に入ったり出たりの状態だという。
義母はディサービスは楽しいと言っているので、何よりだ。

風邪を引いて保育園を休んでいる甥の子が来ていた。
すぐ近くのマンションに住んでいる。
共働きの両親なので、1歳半から入園した。
風邪は少しはよくなったのか、機嫌がいい。
赤星へ通じる山道をふたりで歩いた。
あすかは小走りに走る。
幼児の歩き方で機嫌の良さがわかる。
緩い昇り坂をちょこちょこ走る。
一度転んだが、自分で起き上がった。
蚊に噛まれた顔・手が可愛そう。
家族3人なのに、一番若くておいしい血を吸った蚊がにくらしい。
私に懐いてくれたのか、にこにこと何かひとりごとを言いながら
ドンドン山道を山に向かう。
そろそろ帰らなければと、踵を返す。
ウグイスが鳴く。
婆が口笛で、ウグイスに応える。
カラスが鳴く。
カーカーと大きな声で叫んだら、あすかは喜んで
緩いくだり道をトントン走る。
「今日はお休み」のお父さんと、あすかが駅まで送ってくれた。
「ありがとう、またね」
連れ合いは座席指定で、帰りの切符を買った。
親戚のみんなからお土産を沢山貰って、荷物になったが嬉しかった。
まだ陽のあるうちに、自宅に帰れた。
さあ、夕食の支度はごく簡単な「あるもの料理」
「夜干し」はよくないらしいが、汚れ物が多く洗濯をした。
疲れた身体がふわふわ綿のようだった。
「しょうがない で生きている ありがとう」fuji5.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3432-2098a4a8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード