FC2ブログ

Entries

最低の

今冬最低の寒さ。
寒がりの私は震えあがっている。
この寒いのにと、何もしたくない。
困った婆さんだ。
頭のてっぺんまで冷え切って、血が巡らない。思考力ゼロ。
困った婆様だ。
こんな状態で、100歳まで生きるの?

自転車で買い物に突っ走った。
ポストに投函して、スーパーへ走った。
寒さのせいか、店内の混みようは少ない。
殆どの人は、夫婦連れで、ご主人がアッシー役を務めている。
私には自転車しかない。
いつどこで何があっても、助けを求められない。
携帯を持っていても、足の力は抜けない。
私の足は自分の二本足しかない。
市内循環バスで買い物に行く人も居たが、最近は少なくなった。
この寒さでは、数日分の買い置きをしているのだろう。
小さな住宅街にも小さな事件・事故がある。
時代の大きなうねりの中で、眼をぱちくりしている老人。
「なんと一日が早いのでしょう!」

今日もラッキーとの散歩の時に、100円玉を一個持って歩いた。
(とにかく無人販売まで歩く)ためである。
何か欲しいものがあれば、100円玉で一袋買える。
チラチラ雪が降り始めた。
行ったが何も買わなかった。
家にあるものばかりだった。
今夜は「鍋」にした。
鍋をつっついている間は、顔が火照る。
簡単で安上がり?の献立だ。
春菊はやっと庭で採れたもので新鮮だ。
春菊の香りがいい。
小雪の中、誰も歩いていなかった。
ご近所の人とも会わない。
寒い一日だった。
「この寒さがあってこそkare3.jpg
 さくらが咲くそうな ありがとう」


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3309-f962664c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード