FC2ブログ

Entries

この寒さ

なんと寒いのだろう?
冬で真冬なのだから、仕方ないか!
今朝は雪が積もっているかもと心配したが、車が走っていた。
その車の音を枕辺に聞きながら、起きるのがつらかった。
この寒さの中を出かけるのかと思うと、起床するのに「よいしょ」が要った。

今日は集談会と新年会がある日。
「新年会に出席します」で、返信した。
だからキャンセルは嫌なので、出かけた。
かなり防寒対策をした。あちこちにカイロをペタペタ貼った。
今が一番寒い時、助っ人に助けてもらおう!
お金で買える助っ人だ。

正午から新年会を催した。
予約どおりの人数が揃った。
いつもの所である。
男性2名が花を添えた。
不思議なほどに年代別に揃った。
よくもまあ30代から70代まで、時代の差を痛感した。
和食の料亭で、舌鼓を打つ。
食事もおいしかったが、話に花が咲いた。
「こういう時代」と、自由に生きている若者が羨ましい。
まだ「かくあるべし」に縛られているが、かなり自由になった。
お正月のおみくじであまりいい札が出なかった人が居る。
それゆえに相当の学びをしたようだ。
「忍耐」「我慢」の意味を調べたそうだ。
もう一人の彼女も、いいおみくじではなかったようだ。
彼女は「ならば、今年は頑張る年にしよう」と、明るく受け取った。
私はそういうことは信じないので、おみくじは引かない。
ただ亡くなった父の箪笥から「大凶」の札が出てきた時は驚いた。
後生大事に引出しにしまっておいたようだ。
私が結婚しても、家を建てても・・一度も名古屋へ出て来なかった。
父の「大凶」が影響していたのだろう?
のんびりしているような父だったが、そういう事に関しては、神経が細かったのだろう。
そんな父も私が30歳の時に亡くなった。
2時間、小料理屋で喋った。
外に出たら、身を射すような冷たい風が吹いていた。
電車でアナウンスがあった。
「雪が降っています。ホームで滑ることがあるかも知れません。
お気を付けて下さい」
外を見ると、なるほど粉雪がチラチラ舞っていた。
積もるような雪ではなかった。
駅から我が家まで、自転車で走った。
雪が容赦なく降り続いた。
明日は雪景色が見られるかも?
「そろそろ 引退の時期かも? ありがとう」sena1.jpg



スポンサーサイト



2件のコメント

[C433] こんばんは

雪がチラチラだったのですか。
どっさりと積もりましたよ。
小料理屋さんでお食事と楽しい会話、寒さなんかなんてことない一日になりましたね。
もうちょっと、助っ人さんに助けてもらって頑張りましょう。
  • 2018-01-24
  • 投稿者 : まだらぼけえみ
  • URL
  • 編集

[C434] 冬は・・

えみさん、どっさり降りましたか?
雪に埋もれては困るので、山はもう少し待ちましょう。
私にとって冬は助っ人さんが居ないと、始まりません。
ホントありがたいものです。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3297-be173fad
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード