FC2ブログ

Entries

ぎりぎりセーフ

朝の冷え込みは相変わらず。
カイロを一杯身体に張り付けた。
その「時間」もかなり必要だったと後悔した。
いっぱいの重ね着で、動きにくかった。
動作もそれなりに遅くなった。
「早く、早く」と、気ばかりあせる。
いつもの時間より30分は早くに行こうと、頭の中で計算していた。
名古屋で「一日学習会」があった。
一番寒い時なので、予定を聞いた時は気が引けた。
そんな心配をしながら、自転車で駅に向かった。
なあんだ、乗った電車はいつも乗る電車だった。
ちっとも早い時刻ではない。
私は役目を引き受けていた。
電車の中を走りたい気持ちだった。
地下鉄を下りたら、一緒にハーモニカで「ふるさと」を吹く相棒と一緒になった。
「受付係りをしなければならないのに・・」と、さすがー男性は走って行った。
同じ年齢といえども、やっぱり男の足には劣る。
会場に到着したら、仲間が心配していた。
「違う会場へ行ったのか?」とか「西へ向かったのでは?」と、騒いでいた。
私の到着にみんな「ほっ」としたようだ。
「ごめんなさい、いつもの電車になってしまって・・」
いつもは10時半から始まるのだが、今回の開会は10時からだった。
お茶の準備・ハーモニカで合唱と、役目をちゃんと果たせなかった。
ごめんなさい!
学習会はスムースに進んだ。
午後は東京からみえた講師が「純なこころ」の話、ワークショップを開いた。
3度目の遭遇だが、彼女は相変わらず若く見えた。
黒っぽい上下の服に、白っぽいブレザーを着こなしていた。素敵な女性だ。
柔らかい物腰で、決して否定はしない。
共感している。
みんなの質問にも丁寧に応対してくれた。
午後4時までの予定が、延長になってしまった。
司会者はやきもきした事だろう?
ノートに「終わり・午後4時」と、書いたが、「質問」はまだ続いた。
午後5時から、懇親会があって参加した。
みんなの会話が楽しくて、どの顔もいい色で笑っていた。
ここでは「苦虫」は退散したようだ。

帰りは同じ方向の人と同じ電車に乗って、会話が弾んだ。
日曜日の夜の電車は空いていた。
「お疲れ様、ありがとう」
帰宅したら大河ドラマ「西郷どん」が始まっていた。

「食べ過ぎたらしい 胃が重い ありがとう」remo3.jpg


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3287-95154fb9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード