FC2ブログ

Entries

四日間

数日、留守にした。
この4連休がヨーイドンかな?と、頭の中でほぼ決まっていた。
ただし寒さに弱いので、厳しい寒波が襲来したらやめようと思っていた。
幸いに晴れて暖かそうな予報なので出かけた。
ふるさとの山に向かった。

25日(土曜日)
新幹線と支線に乗り換えて、故郷へ向かう。
連休というのに、割と空いていた。
「指定席は?」「要りません!」それでよかった。
新幹線車内でも、特急しおかぜの中でも・・ただぼ~っとしていた。
小さな本を持っていたが、開く気もしなかった。
ただ景色を眺めていた。
今年はどこへも紅葉狩りに行かなかったので、車窓から見える紅葉で満足していた。
車窓からさっと見えては、退く紅葉は見事で、いい時に旅ができたなあと嬉しかった。
四国路の山脈はいつ見ても素晴らしい。
しおかぜの乗車中に、携帯が鳴った。
「川之江で下りて・・」
切符は三島まで買ってあったが、理由も聞かず・・川之江駅に下り立った。
駅舎に甥が迎えに来ていた。甥の娘に「はじめまして・・」と言ったら、きょとんとしていた。
4歳になって幼稚園に行って居る。
この前に会ったのは、この子がお腹の中に居る時だった。
土曜日の午前中に大騒動があったらしい。

26日(日)
午前11時から、亡き従兄弟の50日祭がうやうやしく厳かに行われた。
信徒なので神主さんが、執り行った。
雨模様で、少しお墓ではぬれたが・・無事に納骨もすませ・・帰宅してお昼になった。
大勢の関係者が一同に会して、賑やかな会食だった。
豪勢な昼食で、2日間それを食した。
ほぼ片付けが終わった夜、ちょっとお邪魔した。
故人の話やら、話題はあちこちに飛び、瞬く間に時間は流れた。
弟(私の実家・宿)に帰ると、もうみんな寝入っていた。
連れ合いを亡くした従姉妹は、何度も同じ話をしたが・・・飽きなかった。
従兄弟は私を山に誘って、山好きにした。

27日(月)
私の山(赤星山)は、頭を隠していた。
同級生で親戚にもなるKちゃんが「山へ行かない?」と誘いに来てくれた。
「ごめん、行きたいけど今日はちょっと無理だわ」疲れが残っていた。
それに予定もあった。
山も公園も断って、ひとり墓参りに行った。
墓参りして、実家のみかん畑へ行った。
「今年はみかんが不作なので、高値だ」との噂を聞いていた。
みかん畑でみかんを摘む弟と、少し話をした。
下の弟とは母親が違うので、随分年齢差がある。
彼はくそまじめなので、母親が出来なくなったみかん栽培に精出している。
いのししが出るという噂に引かれて、もう少し山に入る。
知りあいの男性が栽培している「みかん」や「柿」を見学した。
ここには不作はない。
しかしカラスにやられるらしい。
猟銃を持った男性が、カラスを狙っていた。
先ほどの「バーン」は、カラスを打ち落とす音だったようだ。
「お元気ですか?おいくつになられましたか?」
私の幼い頃を知っている彼は、ひと目て「よっこ」とわかったらしい。
「お陰様で元気です。
こうして自然の中で畑仕事をするのが何よりいいです。はあ、83歳になりました。
収穫時になると、カラスが群れで来て、みかんや柿を食べてしまいますが・・」
欲も得もない年代になったようだ。
「いのしし」は今年は何匹も逮捕したそうだ。
可愛そうだったのは、いのししの母親を捕まえたが、ウリ坊が母親から
離れなかったことですとのこと。
いのししに荒らされるので「ワナ」を仕掛けていた。
かなりしっかりした金属製の大きな砦?だった。
打ち落とされたカラスは、長い枝の先に吊り下げられて、カラス除けとしてさらされたようだ。
「この目で、いのししやウリ坊をみたいですが・・危険でしょうか?」
捕えられたいのししは「しし鍋」になるのだろう。
山間部の紅葉が綺麗だった。

28日(火)
晴れあがった空にくっきりと赤星山がそびえている。
今日は登山日和、ハイキング日和だ。
足はうずうずしたが、元気が出ない。
私の元気も底をついた。
数日の対人・弟と弟嫁の様子伺いに腹だったり、可愛そうだったりで・・
どうしようもない現実に腹を立てている。
疲れが来るのが早くなった弟嫁。
言葉が出ない弟。
もう少し、面倒を見たらいいのに・・という視線を感じながら「今日、一応帰ります。
薬もなくなったし」
後ろ髪を引かれる思いで、帰路についた。
長く逗留すると疲れる。
どうにもならない現実を、どうにかしようと言ってみたりするが・・難しい。
「二重遭難にならないように」と、連れ合いから言われている。
私自身も限界だと感じている。
新幹線の座席では、大きなでぶっちょの外人男性が、横に座った。
大きな荷物を持参している。
息が詰まりそうなのを我慢して、早めに立ち上がる。
「すみません。下りますから・・」
彼は身体と荷物を移動した。
あ~あ、乗車料金を倍とればいいのに。
大きな声で彼女と外国語で話すし、スマホでも話している。
迷惑ということを知らないのだろうか?
息苦しい時間だった。
一宮の138タワーが見えた時はほっとした。
おつかれさま。
「この4日間 暖かくて ありがとう」mido3.jpg










スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3241-9c17bd7d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード