FC2ブログ

Entries

日曜日

また、日曜日が来た。
当たり前の事なのだが、日曜日が来るたびに驚く。
なんと一週間って早いのだろうと。

朝は冷え込んだ。室内温度、15度。
なんだかあちこちが不調。
もうこれで、一巻の終わりかと、覚悟する。
しかし動いているうちに気温も上がるし、体温も上昇したようだ。
折角の快晴なのに寝込んでいるのは勿体ない。
日常をほつぼつやって行く。ついでにふとんも干す。
ついでに気になっていた楓の枝を切る。
ついでに一昨日植え付けた、ビオラをフェンスにぶら下げる。
これで何とか庭が明るくなった。
切った楓やツツジの枝をまとめる。
明日はごみ出しの日なので、50×30センチの束にしなければいけない。
朝からいつもより沢山働いた気分になった。
午前11時過ぎ。
隣のコミュニティの「ふれあいまつり」を見に行く。
沢山の作品が並んでいた。
友達が出品しているからと言うので、見にいった。
なんと、玄関を入った入った途端に、彼女が飛びだしてきた。
まるで私を待ち構えていたように。
そして私を誘導して、自分のはこれとこれと・・と、挿した。
「展示作品には手を触れないで下さい」と、書いてあった。
彼女は押花もやっているので、別室に飾ってあるのを見た。
なんと手先の器用な人は、人生明るいだろう。
「私ね、もうすぐお昼だから、昼の準備をしなくてはいけないので・・帰るわ!」
忙しそうに帰った。
そこへお習字の先生をしている友達がやって来た。
作品を見ながら「私はもう何も要らない。何も作らないわ!」
「そうだよね、作ったらゴミが増えるだけだものね!」
さっぱりした彼女は、化粧っけもない。
もう一度、体育館に行って、作品を見た。
よく見れば「習字」「編み物」「パッチワーク」子供の作品もあった。
お昼に近かった。昼休み後、舞台ではお琴の演奏があるのか、それらしき準備をしていた。
外に出たら、生産物の販売、餅つきをやっていた。
若いお兄さんから若いお母さんに杵が渡った。
子供たちはそれを取り囲んで、かけ声をかけていた。
搗きあがった餅はふるまわれるのだろうが、私はサヨナラした。
帰宅したら1時だった。
歩いて行って、歩いて帰る時は手に荷物だったので・・かなりきつかった。
みかんと柿を買った。
今夜、味見をする。
大したこともしないのに、一日が短い。
「楽しかった 文化祭 ありbun3.jpg
がとう」





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3228-4ecde003
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード