FC2ブログ

Entries

岐阜の山

岐阜は山だらけ。
どっち向いても山がある。
緑豊かな環境で、自然に恵まれている。
しかし住宅は多くなった。
新興住宅地が増え、それに伴うピカピカの道路・大きな商業施設。
車が無ければ生活出来ない。
次第に減って行く田畑。
高齢化による労働力のせいもあるだろうが、次第に昔の
原風景が消えていく、
生きていくために、壊されていく自然。

発見会の仲間に誘われて、その岐阜の山へ行った。
「たかだか600メートルの低山」と、言うので誘いに乗った。
足腰には自信があった?
岐阜の山に興味があった。
午前8時30分集合の、JR岐阜駅南口へは1時間半も早くに着いた。
少し冒険をしてみよう、勇気を出して・・。
JR岐阜駅と名鉄岐阜駅は遠いよと聞いた。
それでは、その遠い距離を足慣らしに歩いてみようかと思った。
しかし途中の駅で、名鉄からJRに乗り換えれば少し歩くだけでいい。
まあ、経験してみよう。
乗り換えて快速電車で岐阜駅へ。
7時そこそこに着いた。
立派になった岐阜駅周辺を歩いてみた。
会社員と学生さんが歩いているだけの高架歩道。
そこを歩いてみたら、すぐ近くに名鉄岐阜駅があった。
岐阜駅の近辺を散策する。
鵜飼を模したり長良川の流れを想像させるミニ公園。
朝の公園の掃除をするお爺さんがひとり。
男性ばかりが集まっている箇所は喫煙所だった。
8時半、全員集合。
車に乗せて貰って、岐阜の街から田舎道へと走る。
「道の駅」が、なんと多いことか!
ミイラ舎利仏のお寺「横蔵寺」から歩きはじめる・
かなりきつい勾配だった。
前日までずっと雨だった道を歩く。
ヒノキや杉が空を覆っていて、太陽は木漏れ日でほんの少しだけ。
昔そこに寺が建っていて・・人が住まっていたことを書いた記録碑があった。
しかし古くなって?読みづらい。
墓地もあった。なんとか偉い人だったような?
歩いても歩いても「頂上」に着かない。
「頂上はまだまだ高いところだから、この辺で昼食にしましょう」と、開けた場所で
昼食にした。
しかし間もなく、汗をかいた身体が冷えて寒くなった。
「頂上に立てば、見晴らしがいいかもしれませんが、
もう帰りましょう」
そして今、登って来た道を今度は下る。
横蔵寺で「舎利仏」になったミイラを見たが、薄暗くて見えなかった。
37歳で、最後は飲まず喰わずで・・・絶えたという。
若い女性は「ご朱印」を頂いた。
私は絵ハガキを買った。
まだ紅葉していない風景、絵ハガキの紅葉は見事な真っ赤。
次は谷汲山の西国33か所の万願霊場の「華厳寺」へ行った。
18日は縁日で参道の両サイドの店は賑わったらしい。当日のことだ。
「もうこんな時間ですから・・」と、店じまいをしていた。
午後4時を過ぎていた。
大きな山門と仁王様の前で、手を合せて・・遠くの観音様に挨拶する。
「コーヒーが飲みたい、小腹も空いて来た」で、喫茶店を探したが
「水曜日定休」とか「準備中」の看板が恨めしい。
なんとか探して見つけて、そこでコーヒーを飲みながら雑談した。
外はもう薄暗い。
真っ暗になった農道をひた走って、岐阜駅まで送って貰った。
「ありがとう」「お疲れ様」
地元の駅に下り立ったら、雨が降っていた。
雨に濡れながら、自転車を押して帰った。
岐阜の山に癒された。
「お世話になりました ありがとうございます」gifu8.jpg





スポンサーサイト



2件のコメント

[C365] お礼

遠いところ、ご参加ありがとうございました。良く歩かれるので感心しました。絵手紙ありがとうございました。
  • 2017-10-22
  • 投稿者 : みやたろう
  • URL
  • 編集

[C367] こちらこそ、ありがとうございました

超ひさしぶりに山らしき山を歩けて、ありがとうございました。これからも足を鍛えておきます!
いろいろお世話して下さって、感謝です。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3204-9c9600e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード