FC2ブログ

Entries

蒸し暑い

水集に出かけた。
雨の中を自転車で突っ走ろうかと考えたが、かなり降っていた。
駅まで歩いて15分かかる。
お出かけの日は何かと気ぜわしい。
(忘れ物は無いか?身体は大丈夫か?)
不安や心配は「ここまで」とのしるしはない。無限に続くものだ。
「えいやっ」と、飛びだすしかない。
いつまでも続く不安・心配をそのままに・・行動するしかない。
やっとそんな当たり前の事が少しわかるようになった。
かなり足早に歩いた。
若いひとりの女性が、傘をさして自転車で突っ走っている。
私にはもうとてもそれは無理だ。
駅のホームで知り合いの女性に会った。
彼女は「登校拒否」の子供達と繋がっている。
元保育園長だ。
施設に入っている母親に会いに「賢島」へ行くとのこと。
母親は94歳になるらしいが、しっかりしているようだ。
彼女は母親に昔、自分が子供の頃の出来事を聞き出しているとのこと。
母親はしっかり昔の出来事を覚えて居て、語って聞かせてくれるそうだ。
なんと素晴らしい親孝行だろう。
名古屋駅で「またね!」と別れた。
生涯学習センター2階の第1集会室。
会のセットをする。
今月の歌「バラが咲いた」の歌詞を書く。
今月は8名の参加で進行した。
いろいろな人の話から気づきを貰った。
どうしようもない、運命・命は自然にお任せするしかない(あるがまま)
そして出来る行動に眼を向ける。
やっと入り口にたどり着いた。
気が付けば、頭は白く、顔はシワだらけ。
その頭も日々、ぼんやりしていておぼつかない。
もう過去は戻らない、未来はまだ来ない。
今日も笑ったり、語ったり・・仲間と一緒に時間を共有出来て良かった。
帰りの電車のホームで、偶然に裏の奥さんに会った。
「まあ、50年以上もここに住んでいるのに、こんな偶然は初めてだね!」
「本当に奇跡に近いわね!」
そして一緒に歩いて帰った。
それにしても蒸し暑い夕方だった。
帰宅したら、分厚い「お好み焼き」が待っていた。
ありがとう。
私が留守したからか、蒸し暑くて水を飲み過ぎたのか?ラッキーは
2か所に大しょんべんをして、老夫婦はラッキーの家に住まわせて
貰っているのを再確認した。

「大丈夫 大丈夫 ありがとう」safu7.jpg






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3097-0b9480d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード