FC2ブログ

Entries

ありがとう

息子から誘われていた。
「一緒にお伊勢さんへ行かない?」
実は連休中にどこへも行っていないから、どこかへ行きたいとの子供たちからの要望
があったらしい。
どこへ行っても、人と車の洪水の中へ?
爺様は「そんな・・渋滞に巻き込まれて、トイレに行きたくなったらどうする?」
歳取ってトイレが近くなって苦労している。
もう車での遠出は出来ない。
私が返事をすることになった。
「誘ってくれてありがとね!
来週には田舎へ見舞いに行こうと思っているから、充電しておかないと」
「それじゃあ、行かないって事だね」
「そういう事。気を付けて行ってらっしゃい!」
午前5時出発で、一家は伊勢参りに行った。
息子の折角の親孝行兼子供孝行は成立しなかった。
一日中、今頃はどの辺りを走ってるだろうか?と気になった。
どこへ行くアテもなく、時間が過ぎていく。
昨夜は髪を染めた。
来週は出かけるためである。
テレビをつけて昼寝もした。
「宮沢賢治」の愛の話だったような。
銀河鉄道は賢治の愛する人への作品だったのか?
午後は眠くなって、ちゃんと話を聞くぞと思いながらもついうとうとしたようだ。
私の睡魔は私の意志どおりにやらせてくれない。
ラッキーとの散歩から帰ったら、孫から電話があったと言う。
「これからお土産持って行くから、一緒に食事に行こう」との事だったらしい。
電話は鈴鹿あたりから掛けたらしい。
あと、1時間後。が予想より早く着いた。
「お腹いっぱいだから、食べたくない」という孫。
伊勢での昼食の時「何でも食べたいものを腹いっぱい食え!」
で、あれもこれも珍しいものを腹はちきれるほど食べた様子だ。
「でも、麺類なら大丈夫だろ?」
しばらく押し問答していたが、結局6人様は食事処に行った。
まだ夕食には早い時間で、店は空いていた。
「珍しいものを」と言うみっちゃんは「豆腐とろろステーキ」を所望した。
あっくんは「暖かいきしめん」を食べた。
わたしは「ヨモギ麺」を食べたが、蓬の味も香りもしなかった。
このお店お勧めのメニューだった。
帰宅して、三輪車を見てもらった。
重いものを買う時に乗って行くアシスト自転車だ。
かなりの重量を運搬できる。
ただまだ慣れない自転車なので、乗りこなすのに間がかかるだろう。
「赤福餅を食べる時に気を付けてね!
ひと口で食べないで・・喉に詰まったら大変だから・・」
伊勢のお土産は「赤福餅」だった。
年寄りに気を配ってくれている。
思わず優しさに感謝したが、まだそんな歳ではないわ、という反発心もある。
赤福餅8個はふたりで「ふーふー」言いながらいただいた。
おいしかった。

「お土産 ありがとう」popy1.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3046-29cbd4fc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード