FC2ブログ

Entries

春のような

朝は冷え込んだと、言っても室内温度は12度あった。
日中はポカポカ陽気で、春が来たのか?と戸惑う。
予報によればまた週末に寒さが戻って来るらしい。
今日は「ひとつ」を実行しようと布団の中で決心していた。
毎日、空しく過ぎていく日々。
何かをやっていないと、生きた・生きている実感がない。
今までは寒かったので、決心がつかなかった。
今日こそ、ラッキーを美容院へ連れて行こう!
アサイチの電話は「ペットサロン」
「今日のうちにカットをして欲しいのですが・・」
電話の向こうで受付の人が、予約表を見ているようだ。
予約がたくさんあると、今日の話にはならない。
「午前11時からならいいですよ」
「それではお願いします!」
10時半に散歩用具も持って出かける。
歩いて10分のところにある「ペットサロン」
かかりつけ医へ行くという友達と会って、ちょっとお喋りする。
オープンしたばかりのドラッグを覗きに行くと言う人。
着いて時計を見たら、約束の時間より早かった。
「こんにちわ、お願します。ラッキーです」
サロンには先客がいて、ワンワン歓迎?してくれた。
「2時より早くに出来上がったら、電話します」
「お願いします」
とことこ歩いて、郵便ポスト・無人販売所を覗き、スーパーへ向かう。
友達にバッタリ会って、立ち話。
立ち話をしても、もう寒さは無い。
「私ね、具合が悪くて寝込んでいたのよ。3日間。
今日やっと起き上がって買い物に来たの。あなたは元気でいいわねえ」
「みんなどっこいそっこいだよ。歳も同い年のようなものだし」
買い物をして帰り道。
オオシマサクラがほぼ満開になった。
立ち止まって、見上げていたら・・どこかから声が聞こえる。
キョロキョロ見回したら、知り合いの女性が私を見て笑っている。
「見上げて・・・お花見ですか? 歩いて、お元気ですねえ」
「あら、あなたと私は同い年ですよ。あなたも歩いていらっしゃるじゃあありませんか!」
彼女は去年は体調を壊して、暗い顔をしていた。
あら、今日は2度も「お元気ですねえ」と、言われたが・・私ってそう見えるのかしらん。
このまま元気そうに生きていればいいのだ。
午後電話が入った。
「2時半までには出来上がります」ペットサロンからだった。
その頃にラッキーを貰いに行った。
なんとまあ、まるで別人いや別犬のようにさっぱりした顔をしている。
垂れ下がった毛で、眼が見えなかった。
以前に「おばちゃん、この犬の眼が見えないよ」小さな子に言われた。
サロンの先生は思い切り、カットしてくれたので、ふたつのオメメはパッチリ。
お爺さんのように口髭も長かったが、もう無い。
「まるでラッキーではないようだ」
しかし相変わらず、やんちゃでよく吠えるのでラッキーだ。
ラッキーも4月に満9歳になる。
少しずつ歳を取って行くのがわかる。
「犬の散髪代はそんなにするのか! オレの一年間の散髪代くらいだ!」そう言われそうだ。
いつも安上がりの床屋へ3ヶ月に一度行っている人から・・。

毎日、日記を付けているが、漢字を忘れて・・哀しいかな!
日記帳の万年筆の文字は消せないので、くちゃくちゃっと汚れてしまう。
これが歳なんだと自分を慰めている。
「ラッキーを美男子にしてくれて ありがとう」kato2.jpg




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/3006-4a9fd7ab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード