FC2ブログ

Entries

午前も午後も

予定が詰まっていた。
さて、どこまでやれるか?
やって見なければわからない。
朝の掃除もそこそこに市民館へ行った。
「女性のつどい」があった。
これも市が企画したサロンのひとつである。
老夫人が12人集まった。
もう立ち直れないかも?と思っていた人がしっかりした足と頭でやって来た。
昔、息子の先生をした人である。
今日はその先生の回復への道を聞きたかった。
頭の毛は短くカットして、にこにこ笑顔を絶やさない。
「まるでお雛様のようだね」と、周りの人も話が上手だ。
「先生に会いたくて、今日は来たのよ」私の本音だ。
会の始まりはいつも歌から始まる。
私は「おぼろ月夜」を吹き、オカリナの人は「隅田川」を奏した。
ゲームをしたあと、雑談をした。
的は先生に集中した。
「どうしてそんなに元気になれたの?」
すっかり忘れていた過去がふっと蘇ったそうである。
周りの人との関わり、自らの努力のたまものだ。
「ぷっつり切れていた糸が繋がったのよ!」凄い!
老人性認知症はよくなるらしい。
しかしここまで回復するのに、人との関わりの必要を感じた。
そして大声を出すこと。
ある人は、自分のことを言った。
「実は私はうつ病で、医者にかかっています。もう2年程かなあ!
食べれない、眠れないで・・みるみるうちに痩せました。
今は大分回復して、体重も元に戻り、やりたくなかった事もやれるようになりました!
うつ病は誰でもなりうる病で、これから高齢になるとなり易い病気です。
でも諦めることはありません!」
彼女は自らの体験を述べて、誰でもこれからなるかもしれない病について、勇気ある発言をした。
凄い人である。
午後は身体を動かしてみようと、また市民館の体育室で卓球をした。
なにもやりたくない状態ながら、友達と笑い、ピンポン玉を追った。
身体が少し軽くなった。
「ふたつは無理」と確信していたが、午前と午後の予定は、予定通りやれた!

「自己診断 前進しない想い ありがとう」
小学校にある白モクレンsotu6.jpg



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2993-4b24952f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード