FC2ブログ

Entries

2月は逃げた

2月最後の日。
人生最後の日とは言わないが、最後と聞いてほっとしたり、惜しんだりする。
寒かった寒さのどん底から這い出せると思えば嬉しい。
明日から3月と聞けば心弾む。
春の歌が心から歌える。
♪ どこかで 春が 生まれてる~
  どこかで芽の出る音がする~ 

  山の三月 東風吹いて
  どこかで 春が 生まれてる ~
「今日はいい日だね~」「今日はいい日だわ~」彼女は私に何度も言った。
言ったというより心底、呟いたのだ。
天気はよく暖かいので、近くの公園へ行こうと出かけた。
途中に友達のお家がある。
気にはなっていたが、なかなか行けなかった。
一人暮らしの彼女はどうしているだろうか?と、チャイムを押した。
「はあい」彼女は在宅していたのでよかった。
しばらく行かなかったら、周りに新築の家がコミコミに建っていた。
門口でしばらく喋った。
「私ね、これから奥池公園へ行くの。しばらく行っていなかったので・・」
「ちょっと待って!私も行く」
彼女は上着を着て、靴に履きかえた。
頭は白髪が多くなった。
ご主人が亡くなって、3年になるだろうか?
ふたり・先になり後になりしながら歩いた。
道が狭いので、車一台通るのにも歩く人立ち止まって、道を譲らねばならない。
彼女は足が弱くなったのか、さっさっと歩けない。
途中で畑仕事をしている友達に会った。
広い畑をひとりで耕し、野菜を育てているそうだ。
彼女も加わって3人でお喋りした。
天気はいいし、ずっと荒れ地と畑が続くところなので、遠慮なく大声で話せた。
「あら、もうお昼に近いわよ!」
友達のひとりは午後は卓球があるから、と農作業をやめた。
時計を見たら、5分前だった。
「今日はもう公園へ行けないわ。次の機会に行きましょう!」
「私はこの近くに出来た農業やさんを覗いてみたいの・・」
「私も行ってみたいと思いながら、まだ行ったことないの。私も行くわ」
そしてまたふたりでとことこ農道を歩いて、農業やさんへ行った。
かなり広い敷地に花や肥料が山積みされ、建物にも中に入ってみればかなり広くて
たくさんの農作業用の物があった。
花や野菜の種も種類が多かった。
見学だけして「ありがとうございました」と、帰った。
彼女を自宅まで送って、私はそのまま買い物に歩いた。
午後1時をとっくに過ぎていた。
そして午後4時、ラッキーとの散歩。
畦で眼を凝らしたが、まだ土筆は見えなかった。
歩き過ぎ、喋り過ぎで夕食の台所に立つのが苦痛だった。

明日から三月。
「久しぶりの友と 一緒に歩き喋り 楽しかった ありがとう」
菜種を収穫するための菜の花畑na1.jpg

スポンサーサイト

2件のコメント

[C200] サヨナラ2月

よっこさあん。
毎日元気ですね〜!(^O^)
さよなら3月。またきて2月。
明日は発見誌くるかな?
  • 2017-02-28
  • 投稿者 : kame
  • URL
  • 編集

[C201] そうだね!

kameさん、今月はちょっと遅いですね。
明日ころ来るでしょう。
さよなら三角、また来て四角?

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2976-b63e92b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード