FC2ブログ

Entries

歳をとると・・

何をするのも億劫になる。
しかし放り出すことは出来ない・・超真面目人間だから。
しかし考えてみれば、馬鹿みたい。
自分を生かさないで、何が生きていると言える?
今日は嬉しいことがあった。
会誌を通じての友達からの便り。
彼女は80歳、会の連絡先の役を引き受けている。
一昨年、自費出版した本を頂いた。
(どんな生き方をしているのだろう?)との興味があった。
ただで貰ったので、ちょっぴり「借り」が出来たような気分。
それで季節の変わり目に絵手紙を出している。
あれは夏の始まりの頃だったか「ヤマモモ」を出した。
彼女はヤマモモの思い出を書いて、便りをくれた。
実家には大きなヤマモモの木があるらしい。
亡くなった弟さんが植えた木には、今年も沢山の実がなって、弟嫁がそれをジャムにして
送ってくれたそうだ。
期せずして私の絵手紙のヤマモモと、ほぼ同時にヤマモモジャムが届いたそうだ。
なんという不思議なご縁だろうと、感じ入った。
ヤマモモの絵手紙が、彼女の大切な思い出に結びついていたなんて・・。
先日は蕗の薹を出した。
季節の挨拶のつもりで、返信は期待していなかった。
彼女は手が痛いのだ。
今日返信が届いた。
手が痛くて文字が書けないという彼女はワープロで、文をしたためていた。
しかし、宛名はちゃんと自筆だ。
こんなにまでして、私にちゃんと返信して下さるとは、嬉しい。
自費出版の4冊目に向けて、ぼつぼつ書いているようだ。
会誌に載った私の「同級会」「同級生の個展」をしっかり読んでくれたようで・・嬉しい。
身辺のことをどんどん書いて下さいと・・締めていた。
なんと嬉しい便りか! 彼女から頂いた本の中にしまって置こう!私の宝。
先日聞いた話「認知機能」が頭から離れない。
不気味に私を襲い、脅かす。
そんな日々に明るい便りが何よりだ。
ありがとう。

小学校のうさぎ小屋の「黒べえ」が数日見えなかった。
てっきりこの寒さと高齢で亡くなったのかと、諦めていた。
今日、黒い動きが遠くから見えた。
「黒べえ、居たんだね!」
嬉しくなって、シャッターを切ったら赤目になっていた。
緑の草をおいしそうに食んでくれた。

「いっぱいの ありがとう」be1.jpg

スポンサーサイト



2件のコメント

[C190] こんばんは。

うさちゃん、良かったね。我が家に来ていたシロちゃんの姿が最近見えません・・・死んだのかな、と思いますが飼い猫のように毎日目の前にいないし、死んだ姿を見ることもないので気分的には楽です。
自費出版、すごいですね。
  • 2017-02-14
  • 投稿者 : まだらぼけえみ
  • URL
  • 編集

[C191] 猫は・・

えみさん、ありがとう。
数日「黒べえ」が見えなくて寂しい想いをしました。
猫は自分の死を見せないように、どこかへ行くそうです。
猫大好きの友達は、猫の帰りを待って何か月もドアを
開けて待ったそうですが、帰って来なかったと嘆いていました。
自費出版、したいけど・・。押し売りは駄目だしね。
まず下手で、恥ずかしい。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2961-96233523
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード