FC2ブログ

Entries

みぞれ

この一週間・・寒かった。
まだ所々に雪が残る。
「大きな雪だるま」は次第に痩せたが、崩れたまま残っている。
かなり気温も低いということだ。
「大寒」だから仕方ないのだが。
あと少し、もう少しの辛抱だ。

雨が数日続いたり、寒さが長引いたりすると、体調というか心理状態がおかしくなる。
太陽と遊んで元気を取り戻したい。

朝の掃除をしていたら、ふるさとの同級生から電話があった。
「あなたから電話が来る前にと思って・・。あ、今みぞれが降り始めたわ!」
受話器を通して、寒さが伝わってくる。
昨日、彼女からの贈り物が届いた。まだお礼の電話をしていなかった。
手先の器用な彼女は、じっとしているのが嫌いな人間である。
もっとも他人のために一生懸命で「これは誰に?」と、プレゼントの宛先を思い描きながら
作っている。
きっと人の喜ぶ顔が見えるのだろう。
私はいつも「貰う側」で、私の手は動かない。
「あなたはあなたで、それでいいのよ。
他に出来ることがあるでしょ?」
そうだ、そうだった。
一生懸命にやっていると、要らない事を考えなくていいのよ・・と言う。
それがわかっちゃいるけど、イランことを思っている私。
昨日届いた箱の中から出てきたコケコッコー。
親子ニワトリ。今年の干支だ。
ありがとう。

昼食の時間に友達がやって来た。
先日の学校支援の打ち合わせ通り、準備は着々と進んでいる。
「なんだか、私支援しながらもシラケて来たわ!」
「歳のせいだろうね!」
今日は小学校で餅つきがあったらしい。
学校行事として「やらねばならぬ」で、やっているように感じる。サメテイル。
友達は学校と関わりがあって、今日もお手伝いをしたらしい。
PTAの人と支援隊の人が数人参加したらしい。
子供たちに「餅つき」を教えるための行事?
教えるではなくて、一緒に楽しめばいいのよ・・と、彼女はいい事を言う。
そう思えば、こころが軽くなる。
「歳のせいもあるだろうし、何せ後期高齢者だものね!」
そんな雑談をしながら、袋の中から何かを取り出した。
「今日の餅つきで、余った残りのお餅を貰って来たわ。
近くで学校支援に協力しているあなたにと思って・・」
「まあ、ありがたい事」
きなこをまぶして袋に入れた3人分だった。
何キロの餅米を搗いたのか、聞かなかったがありがたかった。

柔らかいうちにと、早速お昼に頂いた。
搗きたてのお餅なんて、口にすることが無くなった時代に有難いプレゼントだ。
気が付けば、私はみんなから貰ってばかりだ。
「ツケ」が回って来なければいいが。
「明日は土曜日だったかな? ありがとう」on2.jpg


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2937-64926aa3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード