FC2ブログ

Entries

始まって・・終わった

ああ、今日も始まる~。
今日は日曜日だよ、ゆっくりしよう!
しかし性格的にゆったり出来ない。
時間通りに起床して、ストーブに火をつける。
ドッグハウスからゆっくりラッキーが起き出して来て、ストーブの前で丸くなっている。
そのうちに散歩に行く。

一応、家事の片付けが終わって、さあ今日は何をしようと思案する。
え~と、買い物と午睡とラッキーとの散歩で、一日が暮れそうだ。
コーヒーを入れて、新聞を開いた時に「ピンポーン」と、チャイムの音。
宅急便だろうと、はんこを持って「はあい」と飛び出す。
「速達です」
日曜日の集配はないはずだが、速達は別の扱いのようだ。
慌てて、封を切る。
そんなに急ぐ要件なのか?
ところが、なあんだ・・だった。
随分前にお礼の便りを出した人からの便りだった。
しかし何だか、私に「今日」会いたいのでは?とひらめいた。
きっと以心伝心というものだろう。
「会いたい」の一文字もなかったが、急いでお出かけの準備をして、気が付いたら
電車に乗っていた。
日曜日でクリスマスなので、若者が多く立ち席だった。
飛び乗った電車は「普通」で、各駅停車した。
聚楽園の大仏様は、いつも見ているのに今日は穏やかな表情をしていた。
きっと、正月前の、汚れ落としをして貰ったのだろう。
3度、乗り換えをして生涯学習センターに着いた。
会の開始時間より少し遅れたが、ドアをノックして入った。
速達で手紙を寄越した彼女は座っていた。
「来たよ~」彼女はにっこり笑った。
自己紹介の最中に飛び込んだようだ。
私のように「頑固者」は、毎日でもいいからお説教を聞いていたほうがいい。
いつか「気づき」があって、楽に生きられるかも?
とんでもない事に、私がハーモニカ持参で行っていることを知った彼女は「歌」を所望した。
「ふるさと」と「聖夜」を歌ってもらった。
もうひとつおまけに「歓喜の歌」を吹いた。
今年名古屋に引っ越して来た古い友達は、鍵にミニハーモニカを付けていた。
「イザの時に、このハーモニカを吹くといいと言われて買ったのよ」
浜松にずっと住んでいた彼女は楽器をキーにぶらさげていた。
4穴のハーモニカだった。「かなりいい物らしいわよ」
浜松は楽器で有名だ。

会が終わって、お開きになった。
近くの喫茶店で、コーヒーを飲んだ。7人で。
会では話足りなかった話をした。

帰りの地下鉄に乗った。
若者でいっぱいだった。
「婆さん、あそこが開いていますよ」若者を押しのけて、シルバーシートへ誘導してくれた。
「ありがとう」
しかし座席に座れたものの「婆さん」が気に入らなかった。
(私って、そんなに老けて見えるのかしらん?)
あれこれと尻軽に飛び出したものの、そんな事もあったし、人とのふれあいもあってよかった!
自転車をおして帰りながら、夜空を見上げたら宵の明星「金星」が、またたいていた。
今日もやったね!

「分厚い お好み焼きが 待っていた ありがとう」ten10.jpg



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://yok3ko.blog87.fc2.com/tb.php/2911-5291c40c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Categories Archives

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

yok3ko

FC2ブログへようこそ!

Extra

プロフィール

yok3ko

Author:yok3ko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード